認知行動療法診療内容/心療内科

認知行動療法とは?

認知行動療法とは、1970年代にアメリカでアーロン・T・ベックがうつ病の患者さんに対する精神療法として開発した認知療法と行動療法をドッキングしたものです。

 

人はある出来事が起きたときに、自分の経験や環境の中で身に着けていった決まったものの考え方をします。そしてその考え方や、そのとき湧きあがった感情をもとに行動を決めます。ある出来事に対する物事の考え方のパターンを、認知行動療法では自動思考と呼びます。

 

自動思考が歪みのないものであれば何事もなく過ごすことが出来るのですが、この自動思考が極端で飛躍的な解釈をするような歪みがあると、本人にとってストレスや生きづらさとなってしまうことが少なくありません。

 

自動思考を穏やかで過ごしやすく、多くの場面で適用しやすいものの考え方に変化させ、行動を変容させていくのが認知行動療法です。現実的で柔軟な思考に変化させていくことで、行動を変えていくのです。

 

認知行動療法は、うつ病などの気分障害、様々な不安障害などに対して有効性が実証されている精神療法になります。そのため実施している医療機関は少ないですが、一定の条件を満たせば保険診療の適応となっています。

※当院では、保険適応の認知行動療法は行っていません。

認知の歪みとは?

極端な自動思考によって、物事の捉え方が変化してしまいます。このような認知の歪みを引き起こす自動思考について、代表的なものをご紹介します。

 

  • 根拠のない決めつけ

確たる証拠がないのに、自分の思いつきをあたかも正しいと思い込むことです。

  • 白黒思考

物事をすべてはっきりさせないと気が済まなくなり、白か黒かという極端な思考を持つことです。

  • 部分的焦点つけ

自分が目につくことだけで短絡的な結論を導き出すことです。

  • 過大評価・過小評価

自分が関心があることは過大に受け止め、反対に自分の予想や想像に合わない部分は小さく思っていることです。

  • べき思考

「こうするべき」「あのようにするべき」と決めつけ、「べき」に基づく行動をしてしまうことです。

  • 極端な一般化

数としてはとても少ない数に過ぎないのに、世の中の多くのことが同様の結果になると決めつけることです。

  • 自己関連づけ

なにか良くないことが起きると、すべてが自分のせいで起きたように思い込み自分を責めてしまいます。

  • 情緒的な理由づけ

そのときの自分の感情の動きだけがすべてで、実際の現実も感情だけで判断してしまいます。

  • 自分で実現してしまう予言

自分で否定的な予測をたて自分の行動を決めてしまいます。その結果、否定的な予測通りに事が運び、やはり自分の予測は正しいと思い込んでしまいます。

自動思考をチェック

先ほど述べたような思考に当てはまるものが多い場合、認知の歪みが生じやすくなってしまいます。具体的な出来事を振り返りながら、ご自身の自動思考をみつけてみましょう。まずは例をご紹介します。

 

出来事:会社で大きなプレゼンの担当に選ばれた。

自動思考:私は緊張すると声がうわずることもある。きっと声が小さくうわずってしまい聞き取れず、プレゼンを失敗して恥をかき部のみんなが迷惑するに違いない。

認知の歪み

 

自動思考の例を表にしてみました。

 

※すべての認知の歪みを書きましたが、実際には当てはまるものだけ記入してください。

 

それでは実際に書いてみましょう

 

出来事:

自動思考

認知の歪み:

 

自動思考を記入していくための表です。

認知行動療法の実施方法

認知行動療法は、ストレスにつながりやすい考え方(自動思考)を見直し、別の適応的で穏やかな過ごしやすい考え方を身につける療法になります。

 

まず自分自身で自動思考の問題点に気づき、自動思考を認識していく必要があります。治療者が認知の歪みを治すというより、本人が問題点を見つけて新しい自動思考を身に着けていくことで、少しずつ日常の出来事がストレスに感じにくくなっていくイメージです。

 

認知行動療法を実践するときにはコラムを使います。このコラムにも色々なパターンがありますが、ここでは比較的平易で書きやすいものをご紹介します。

  • 状況:自分が自動思考によってつらく苦しい気持ちになったことです
  • 気分:その時どんな気分になったか?%で表します。
  • 自動思考:状況に対する自分が陥ってしまったものに対する考えを記入します
  • 根拠:あくまで自動思考を裏付ける事実を記入しましょう。勝手な思い込みな事実を歪曲するような解釈は避けます
  • 反証:表れてしまった自動思考に変わる考え方を書きます。

 

反証を考える際に意識したいこと

  • 自分の性格を丸ごと変えてポジティブになりすぎる必要はありません
  • 自分自身の力ではどうすることもできないことは山ほどあります。世の中で何があっても、自分を責める必要はありません。
  • 極端な認知の歪みがあるからといって、性格が悪いわけではありません。
  • 認知のくせや、不適用な自動思考は誰でも少しは持っています。程度の問題です。その程度を極端なものから中くらいにし、自分にとって過ごしやすい自動思考を見つければよいのです。
  • 正解はありません、仮にこのような考え方が正解に違いない、このように考えるべきなどと考えては治療成果が表れません。自分にとって無理のない反証を考えてください。
  • 過去の経験から自分の行動に対する自動思考を決めてしまうケースが多いですが、時間は流れています。同じ場所であっても周りの建物、世の中を取り巻く環境は刻刻と変化しています。過去の失敗にとらわれる必要はありません。

 

それでは5つのコラムを実際に書いてみましょう。例を挙げておきますので、参考にして書いてみてください。

 

5つのコラム法の例をまとめました。

 

それでは実際に書いてみましょう。

 

認知行動療法の5つのコラム法をおこなってみましょう。

認知行動療法の保険診療の適応

医療機関で何らかの治療を受ける場合、保険適用のものとそうでないものがあります。

 

認知行動療法は保険で請求できる精神療法ですが、保険請求をするにあたっては色々な取り決めがあります。

 

認知行動療法は現在、多くの心の病に有効なことは実証されていますが、

  • うつ病等の気分障害
  • 強迫性障害
  • 社交不安障害
  • パニック障害
  • 心的外傷後ストレス障害
  • 神経性過食症

の病気で適応とされています。

 

また実際に実施される場合には、以下のような取り決めがあります。

  1. 初回は30分以上の初回面接、認知行動療法の研修を受けた看護師の同席が義務づけられる
  2. 認知行動療法の指定の研修を受けた医師が認知行動療法の治療計画を作成して、同じく認知行動療法の研修を受けている看護師に指示
  3. 認知行動療法の研修を受けた看護師が、30分以上認知行動療法の治療マニュアルに基づいて面接を行い、その後医師が5分以上の面接を行う
  4. 最後(16回目)の面接で認知行動療法の成果を医師が評価し、再発予防の指導をする

 

これだけの取り決めを実施し、16回までの認知行動療法を行うのです。また、保険で定められている認知行動療法では、厚生労働省が定めた治療マリュアルに基づいて実施しなくてはなりません。

 

保険診療の点数は、

  • 医師による場合:480点
  • 看護師と医師が共同して行う場合:350点

となっています。医師が保険診療で行うことはまずないため、3,500円の料金となることが多いでしょう。このため3割負担の場合、1,050円となります。

 

このように保険診療で行うことはできるのですが、現実的には実施している医療機関はわずかです。当院も実施しておらず、生活カウンセリングという形で異なる枠組みで行っております。

 

現実的には、普段の診察の中で少しずつ行っていくことが多いです。例えば日常の中で感じたり、気づいたりしたことをコラムにまとめ、診察の際に活用していくなどといったやり方で、認知行動療法を実践していただくのが良いかと思います。

認知行動療法ができること

認知行動療法は、物事の考え方を適用的で過ごしやすいものに変えていくのですから、どのような方にも効果が期待できる治療法です。

 

人は無意識に過去の経験から出来事の結果を類推したり、人の感情について想像したりします。もちろんすべて行き当たりばったり、人の気持ちも考えないという生き方は決して良いとは言えませんから、ある程度推し量るのは必要です。

 

しかしその考えが自己否定的であったり、極端な決めつけを行ってしまったり、事実とは違うことを思いこんだりしてしまうのは、あまり良い傾向とは言えません。心の病のためにそのような思考になっていることも多いので、心身の状態が安定すると見え方が変わることもあります。

 

ですが状態が良くなってもストレスにつながる自動思考が続いている場合、少しずつストレスが重なって再発してしまうこともあります。そのような場合は、自分の認知の歪みを認識し、少しずつ修正することによって再発を防ぐことができます。

 

認知行動療法は本人の考え方や癖を全くなくし、ポジティブで積極的で悩みのない人間を目指しましょうと説いているわけではありません。本人の個性を変える必要はないのです。

 

日々の様々な出来事の中で、自分を大切にしながら周囲と調和できるような考え方を身につけていくことを目指していきます。

診療内容

当院では患者さまをできるだけお待たせしない快適な医療のために、予約システムを導入しています。心療内科は完全予約制です。

ネットから簡単に翌日以降の時間予約が可能です。

お電話でのお問い合わせはこちら

診療時間

 
9:0013:00
15:0020:00

★:日曜日は14:00~18:00まで
休診日:祝日

※受付は、診療終了時間の15分前までとなります。

詳しくはこちら

アクセス

地図

神奈川県川崎市中原区木月1-28-5 メディカルプラザD元住吉3階

東急東横線・目黒線元住吉駅西口より徒歩3分

詳しくはこちら

  • 医者と学ぶ 心のサプリ
  • 「こころ」と「からだ」の情報配信! cocoromi’s blog
  • 一緒に働きませんか? スタッフ募集
  • Facebookシェア twitterシェア

看護師募集

臨床検査技師募集

医療事務募集