風疹診療内容/内科

風疹とは?

風疹(ふうしん)は、風疹ウイルスによる感染症です。

 

感染すると2~3週間ほどで耳の後ろや首のリンパ節が腫れ、押すと痛みを感じるようになります。その後顔を中心にピンク色の小さな発疹(ブツブツ)が現れ、全身に広がります。熱は半数くらいの方で38度程度の発熱が見られますが、微熱や平熱で終わることもめずらしくありません。

 

多くの場合軽症で、発疹や熱は数日で引くため、より重症になる麻疹(はしか・ましん)と比較して「3日ばしか」とも呼ばれます。

 

ただし、小学校高学年以降に感染したときは関節炎などをともなうことがあり、大人の方がかかると重症化しやすいので注意が必要です。

 

また、妊娠初期~中期の女性がかかるとお腹の赤ちゃんに影響が及び、目、耳、心臓などに先天性の障害がでる「先天性風疹症候群」の原因になることがあります。そのため多くの自治体では、妊娠を希望する女性とそのパートナーの方に対し、風疹の抗体検査と、抗体が弱かったときの予防接種に公費補助を行っています。

 

過去に風疹にかかったかどうか、予防接種を2回受けたかどうか確信のない方は、血液検査で抗体の有無を調べることができます。

先天性風疹症候群とは?

妊娠初期~中期(妊娠20週くらいまで)の女性が風疹にかかると、お腹の中の赤ちゃんにも胎内感染し、赤ちゃんの目、耳、心臓、脳などに先天性の障害が出ることがあります。どの部分にどの程度の障害が出るかは個人差がありますが、それらの症例をまとめて「先天性風疹症候群(CRS)」と呼んでいます。

 

現在のところおこりうる障害として報告されているものは、

  • 先天性心疾患(動脈管開存症など)
  • 難聴
  • 白内障

などが挙げられています。

 

これ以外に、産後しばらくしてから

  • 網膜症
  • 低体重
  • 血小板減少症
  • 肝脾腫
  • 小児糖尿病
  • 精神運動発達の遅れ

などが見られることもあります。

 

先天性風疹症候群がおこる可能性は風疹にかかった時期によって違いがあり、とくに妊娠12週までにかかると可能性が高くなることがわかっています。

 

風疹が流行した年度には、年間10~20名近くの先天性風疹症候群の赤ちゃんが確認されました。このため厚生労働省は、妊娠前の女性で免疫を持っていない方へのワクチン接種を推進しています。現在、妊娠を希望する女性やそのパートナーの方、妊娠している方の同居家族の方などに対し、風疹の抗体検査や抗体が弱かったときの予防接種に公費助成を行う自治体が増えてきています。気になる方はお住まいの自治体役所や保健所へ問い合わせてみましょう。

 

ただし、ワクチンはすでに妊娠中の方は接種することができません。妊婦健診等で風疹の抗体価が低いと結果の出た方に対しては、産後早い時期にワクチン接種が推奨されています。また、できるだけ風疹の流行地域や不必要な人ごみへの外出を避け、マスク着用などでの予防が勧められています。

風疹の症状と特徴

風疹の初期症状は、

  • 耳の後ろ、首、後頭部などのリンパ節が腫れて痛む

ことから始まることが多いです。

 

耳の後ろや首に突っ張ったような感覚があり、触ると腫れやしこりや痛みを感じます。人によっては、

  • 目の充血
  • のどの腫れや痛み
  • 頭痛
  • 関節痛

などが合併することもあります。

 

その後、薄いピンク色の小さな発疹が顔を中心に全身へ広がります。全身に広がるまで、数日かかることもあります。熱は個人差があり、38度程度まで上がる人が半数くらいです。微熱や平熱で済んでしまうこともあります。

 

発疹と発熱は通常3日~5日くらいで引いていきますが、リンパ節の腫れは治癒まで3~6週間程度かかることがあります。

 

風疹ウイルスは、麻疹ウイルスほど感染力が強くありません。主に空気中に飛んだツバや感染者との接触感染によって感染し、感染しても15~30%程度の人には目立った症状が現れないこともあります。このため知らない間に風疹にかかり、知らない間に治っている場合もあります。 症状が出るまでの潜伏期間は2~3週間ほどです。

風疹の合併症

風疹の合併症としては、以下のような特徴があります。

  • 重篤な合併症は少ないが、年齢とともに重症化しやすい
  • 小学校高学年以上では、関節炎や皮下内出血がともなうことがある
  • 成人は、指のこわばりや関節炎の合併が5~30%程度
  • 0.2~0.5%くらいの割合で、急性脳炎や血小板減少性紫斑病などがある

 

麻疹と異なり重篤な合併症は稀ですが、小学校の高学年以上で感染したときは関節炎、皮下内出血などの合併症を起こすことがあるので注意が必要です。0.2~0.5%くらいの割合で、急性脳炎や血小板減少性紫斑病などがおこり、入院治療が必要になるケースも報告されています。

 

いずれにしても、麻疹のように命に危険が及ぶほどのことにはならないのが通常ですが、妊娠中の女性がかかった場合はお腹の赤ちゃんの目や耳や脳に障害が出る可能性があるため、できる限りワクチンで予防が勧められている感染症の1つとなっています。

風疹が疑われた場合の対応

風疹が疑われたときは医療機関の受診が必要ですが、その際は事前に電話で風疹の可能性があることを伝えておきましょう。また受診に向かうときには、感染を広げないためにも必ずマスクをして行きましょう。

 

風疹の予防のためにはワクチンの2回接種が有効ですが、ワクチン未接種の期間や免疫が不十分な成人の方は風疹にかかる可能性があります。ワクチン2回接種済みの人や自然感染した人も絶対に再感染しないと言い切れるわけではありません。

 

また、症状から風疹と思い込んでいても、他の原因による発疹や発熱の可能性もあります。風疹は、感染症法の5類感染症に分類されており、医療機関は風疹と診断したら直ちに保健所に報告をしなければいけない感染症の1つです。

風疹の検査と治療

風疹が疑われたときは、風疹ウイルスの感染かどうかを確かめるために検査を行います。

 

風疹とまぎらわしい症状の病気には、

  • 修飾麻疹(症状が弱い麻疹)
  • 溶血性連鎖球菌の感染症
  • 伝染性紅斑
  • 伝染性単核球症
  • エンテロウイルス感染症

などがあり、風疹と確定するためには検査が必要になります。

 

一般的に行われている検査は、採血による血清診断です。HI法(赤血球凝集抑制反応)やELISA法(酵素抗体法)などが代表的です。IgM抗体を検出することにより診断します。

 

風疹と診断がついても、感染後に風疹ウイルスを死滅させられる特効薬というのは現在のところないため、症状に合わせた対症療法がおこなわれます。自宅で安静にし、症状が治まることを待ちます。

風疹と登校・通勤

風疹は学校保健法では、「第2種学校感染症」になっています。

 

風疹と診断されたら、保育所・幼稚園・学校は休むのが原則になっています。目安は、

  • 発疹が消えるまでは出席停止

と定められています。

 

大人の場合は特に規定はありませんが、学校保健法に準じた対応することが多いです。しかしながら、あくまで出勤自粛になります。会社によっては特別休暇や病気休暇などの扱いになることもありますが、多くの会社では有休扱いになることが多いです。

 

風疹が疑われた場合は無理に登校や出勤をせず、病院に受診して医師の指示に従ってください。風疹と確定診断された場合は、発疹が消えるまでは自宅で療養に努めてください。

風疹の発生状況

昔は5年程度の周期で風疹の大きな流行がおこりましたが、1994年(平成6年)以降は局地的な流行や小さな流行にとどまっています。

 

しかしながら、2002年(平成14年)以降には局地的な流行が全国で続けて報告されており、2003年~2004年にかけてさらに増加がみられました。その時期は例年0~1名であった先天性風疹症候群の赤ちゃんが、10名にも増えてしまいました。

 

これを受け、厚生労働省では自治体に風疹対策事業を呼びかけ、予防接種を徹底することなどによって風疹の流行は一旦落ち着きました。ですが2011年からは、海外で感染した人により輸入感染が増え、大阪府、福岡県、神奈川県など都市部での流行がおこりました。出張帰りなどの方からの感染があったとみられ、職場で成人男性が集団感染するという事態も複数発生しました。

 

その後、2012年~2013年にかけては流行の規模が全国へ拡大し、2年で報告患者数が16,000人を超えることになりました、そのうち90%近くが成人で、男性の患者さんが女性の約3倍でした。また、45人の赤ちゃんに先天性風疹症候群が認められました。

 

2014年以降は風疹の患者数は減少しましたが、2017年は年間93人の感染が報告されています。 そして、2018年(平成30年)4月から8月にかけ、関東地方を中心に風疹の感染者が増加が認められています。とくに、風疹の予防接種を1度も受けていない人が多い30代~50代の男性での感染が目立っているため、注意が必要です。

【参考】風疹ウイルスとは?

風疹ウイルスは、Togavirus科Rubivirus属という区分に属するウイルスです。

 

直径が60から70nm(ナノメートル)= 0.00007㎜の非常に小さな微生物で、当然目には見えません。血清学的に言うと亜型のない単一ウイルスで、現在は13の遺伝子型に分類されています。

 

2004年には1jという種類が主流での流行でしたが、この型は2012年以降国内では検出されていません。2011年以降には、東南アジアなどでみられる2Bと1Eの型が日本に流入し、現在はそれらが拡大して流行の元になっています。

 

感染は、のどの粘膜から排泄されたウイルスが、飛沫感染や接触感染の形で人から人へと感染していきます。感染したときはマスクを着用し、咳や会話によるウイルスの飛散をふせぎましょう。

診療内容

当院では患者さまをできるだけお待たせしない快適な医療のために、予約システムを導入しています。心療内科は完全予約制となり、初診は電話予約のみ、2回目以降インターネット予約可能です。

インターネットから翌日以降の時間予約が可能です。

お電話でのお問い合わせ・予約

診療時間

 
9:0013:00
15:0020:00

★:日曜日は14:00~18:00まで
休診日:祝日

診療受付は、診療終了時間の15分前までとなります。午前受付は12:45まで、午後受付は19:45までとなります(日曜日の午後受付は17:45までとなります)。

詳しくはこちら

アクセス

地図

神奈川県川崎市中原区木月1-28-5 メディカルプラザD元住吉3階

東急東横線・目黒線元住吉駅西口より徒歩3分

詳しくはこちら

  • 「こころ」と「からだ」の情報配信! cocoromi’s blog
  • 一緒に働きませんか? スタッフ募集
  • Facebookシェア twitterシェア

看護師募集

臨床検査技師募集

医療事務募集