地域活動支援センター診療内容/制度・サービス

地域活動支援センターとは?

障害を抱え、地域社会で生活をことは思っている以上に大変なことや孤独なこともあります。生活のこと、制度のこと、住まいのこと、様々な困りごとや不安が出てきたとき、孤独な気持ちを感じたとき、相談や交流のできる居場所があるというのはとても心強いものです。

 

地域活動支援センターは、精神疾患や障害を抱えた方の安定した生活を支援する福祉サービスの施設です。精神障害者、身体障害者、知的障害者などが利用できる通所施設になります。

 

困ったときの相談先として、仲間や地域との交流の場として、地域社会や病院との連携を深める拠点として、充実した活動の場として、地域住民に向けた障害理解の発信元として、様々な面で精神疾患や障害を抱えた方をサポートします。

 

具体的な内容や特徴は、自治体やセンターによって様々です。相談支援や活動・交流の場を提供する基本姿勢は変わりませんが、市区町村ごと、センターごとに取り組みが異なります。

地域活動支援センターの利用目的

地域活動センターは、以下のような目的で利用されています。

  • 生活上の様々な相談先が欲しい(家族や関係者の方も含む)
  • 病気や障害を抱えて暮らす上で役立つ情報が欲しい
  • 病院や施設から出て地域生活をすることになったが、住まいのことなどで困っている
  • 仲間や地域社会との交流がしたい
  • 創作活動や生産活動などに参加したい
  • 日中を過ごす居場所が欲しい

地域活動支援センターの種類(Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型)と支援内容

地域活動センターには、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型の類型があります。

Ⅰ型

精神保健福祉士などの専門家が在住し、相談支援事業を実施もしくは委託を受けていることが要件です。

その他にも医療・福祉・地域の連携の調整や、退院・退所後の地域での生活を安定させる定着支援も行います。

 

また、地域住民ボランティアの育成やレクリエーションや生産活動、気軽に仲間と交流できるフリースペースの提供、障害の理解促進の普及啓発などの精神疾患や障害を抱えた方の地域生活の充実を図ります。

 

具体的な内容はセンターによって様々で、場所によっては行っていない内容もありますが、例として以下のような支援を行っています。

 

  • 相談支援

精神保健福祉士などの専門スタッフが在住し、患者さん本人やご家族の方の様々な相談にのってくれます。病院に入院中、施設に入所中の方が地域にスムーズに移行できるようサポートする地域移行支援や、継続して地域で生活していく為に緊急時の支援が必要な方などをサポートする地域定着支援、電話相談や訪問相談を実施している所もあります。

 

また、生活上での困りごとだけではなく、病気の不安や苦しみに寄り添うピアカウンセリングなど、各センターによって独自のサービスがあったりもします。

 

どのようなサービスがあるか、利用方法・時間などはセンターによって異なります。詳しくは、各センターにお問い合わせください。

 

  • 交流支援

利用者さん同士の交流や地域との交流イベントなど、地域社会の中での様々な交流支援を行っています。精神疾患に関する講座や患者会など病気に関するものもあれば、パソコン教室、食事会、カラオケ大会などレクリエーション的なものなど様々です。自由に過ごせるフリースペースを設けている所もあります。

 

  • 活動支援

手工芸・お菓子作り・詩や短歌制作・発表会などの創作活動や、内職や軽作業の生産活動、ボランティア活動への参加、仲間とのゲームや軽いスポーツの趣味活動など、活動の幅を広げるための支援を行います。

 

  • 地域での障害への理解促進支援

障害を抱えた方がより暮らしやすい環境を目指し、障害への理解を深めてもらうための活動やイベント、地域ボランティアの育成なども行っています。

Ⅱ型

就労が困難な在宅障害者の方が主な対象ですが、どのような障害に対応するかはセンターによります。精神障害の方向け、身体障害の方向けなどがあります。

 

地域での自立生活や就労に向けた機能訓練や活動支援、障害者本人の方とご家族の方への相談支援、生活に役立つ制度や設備の紹介などを行っています。状態や希望に応じ、センターでの入浴・食事・送迎のサービスなども行っている所もあります。

 

具体的な支援内容はセンターによって異なりますが、例として以下のようなものがあります。

 

  • 機能回復支援

障害に応じ、機能を回復させる訓練のサポートを行います。一例としては、体操等を実施しています。

 

  • 就労支援

一般常識やマナーの習得、トライアル就労体験などを実施しています。

 

  • 創作・生産活動支援

木工、絵画、工作、手工芸、園芸などを通し、機能回復や精神的な安定を支援します。クラブ活動や趣味の会など娯楽を提供している所もあります。

 

  • 交流支援

地域住民、学校、企業との交流イベント、ボランティア活動への参加などで地域交流を支援します。

 

  • 相談支援

障害を抱えた方や家族の方の相談にのります。専門スタッフ(臨床心理士等)による面談・カウンセリングや、家族の方への介護技術の指導などを行っている所もあります。

 

  • その他

状態や希望に応じ、センターでの食事、入浴、送迎などの支援を行う所もあります。

Ⅲ型

作業所型とも呼ばれ、昔の作業所の中で無認可だった所が移行した施設です。日中の行き場がない障害者の方に生産活動や創作活動の場を提供し、地域との交流や活動を支援します。

 

就労継続支援施設B型と内容は近いですが、生産作業だけでなく、相談支援や地域交流も重視されています。

 

就労継続支援B型事業所については、以下の記事もご参照ください。

就労継続支援B型事業所(B型作業所)

地域活動支援センターの要件

障害者総合支援法の規定では、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型には以下の決まりがあります。

 

【Ⅰ型】

  • 専門のスタッフ(精神保健福祉士等)を配置していること
  • 医療・福祉・地域社会との連携を深める調整を行うこと
  • 地域住民ボランティアの育成、障害への理解促進を図ること
  • 相談支援事業を実施、もしくは市区町村から委託を受けていること
  • 基礎的事業によるスタッフの他に1名以上を配置し、2名以上は常勤であること
  • 1日あたりの利用者数が20名以上であること

 

【Ⅱ型】

  • 地域での雇用・就労が困難な在宅障害者への支援を行うこと
  • 機能訓練、社会適応訓練、入浴等のサービスで日中の活動をサポートすること
  • 基礎的事業によるスタッフの他に1名以上を配置し、1名以上は常勤であること
  • 1日あたりの利用者数が15名以上であること

 

【Ⅲ型】

  • 地域の障害者のための援護をする施設であること
  • 小規模作業所としての実績を5年以上有していること
  • 安定した運営が行われていること
  • 自立支援給付に基づく事業所と併設すること
  • 1日あたりの利用者数が10名以上であること

地域活動支援センターを利用できる方

原則としては、

  • 精神障害(発達障害含む)、知的障害、身体障害、難病の方
  • その家族や支援者の方

などが対象となっていますが、各自治体やセンターによって利用基準は異なります。

 

精神疾患を抱えた方専用、大人の発達障害の方専用、身体障害や知的障害の方に対応している所、診断を受けていない引きこもりの方にも対応した所など、それぞれに特色があります。

 

他の福祉サービスと異なり、役所での審査や申請が必要ない自治体もあります。また原則としては、お住まいの地域内にあるセンターのみが利用可能な範囲です。ただし、状況に応じて特例が認められるケースもあるようですので、お住まいの市区町村役所の障害担当の窓口や、各センターにお問い合わせください。

地域活動支援センターの利用時間・曜日と費用

センターによって利用できる時間や曜日は異なりますが、基本は週56日で、土曜や日曜も開けている所があります。

 

開所時間も様々ですが、Ⅰ型は午前中から18001900ごろまで開いている所もあります。Ⅱ型やⅢ型は、午前から夕方までの利用になっている所が多いようです。

 

費用は各自治体・センターによって異なります。福祉サービスの利用料の1割負担が発生する所もあれば、無料となっている所もあります。登録料の形で費用がかかるセンターもあります。また無料の所も、活動参加での費用や備品の費用は実費負担になっていることが多いです。

 

いずれにしても、大きな自己負担にはならないように費用が設定されています。無料の所も多いですし、実費負担も数百円程度が主です。自治体によって助成サービスなどもありますので、詳細は各センターや市町村役所の障害福祉担当にお問い合わせください。

地域活動支援センターの利用方法と流れ

利用方法や手続きの流れは自治体やセンターによります。利用までに必要な手続きや必要書類については各センターで相談にのってもらえますので、利用を検討している方は希望するセンターに問い合わせてみましょう。精神疾患で治療中の方は主治医とも相談することをお勧め致します。主治医の意見書が必要な所も多いです。

 

自治体によっては役所での審査や福祉サービスの受給証が必要になる場合もありますが、その際もセンターでサポートしてもらえます。センターでの手続きだけで利用ができる所もあります。

 

近くにどのようなセンターがあるかは、市町村役所の障害担当窓口や、インターネットで調べることができます。市区町村によっては、ホームページに地域活動センターの一覧をのせているところもあります。

 

同じ地域活動支援センターでも内容がかなり違いますので、自分に合いそうな所を探してみましょう。問い合わせ後に見学や体験もできます。

診療内容

当院では患者さまをできるだけお待たせしない快適な医療のために、予約システムを導入しています。心療内科は完全予約制となり、初診は電話予約のみ、2回目以降インターネット予約可能です。

インターネットから翌日以降の時間予約が可能です。

お電話でのお問い合わせ・予約

診療時間

 
9:0013:00
15:0020:00

★:日曜日は14:00~18:00まで
休診日:祝日

診療受付は、診療終了時間の15分前までとなります。午前受付は12:45まで、午後受付は19:45までとなります(日曜日の午後受付は17:45までとなります)。

詳しくはこちら

アクセス

地図

神奈川県川崎市中原区木月1-28-5 メディカルプラザD元住吉3階

東急東横線・目黒線元住吉駅西口より徒歩3分

詳しくはこちら

  • 「こころ」と「からだ」の情報配信! cocoromi’s blog
  • 一緒に働きませんか? スタッフ募集
  • Facebookシェア twitterシェア

看護師募集

臨床検査技師募集

医療事務募集