メンタルヘルス外来診療のご案内/こころの治療

メンタルヘルス外来とは?

当院のメンタルヘルス外来では、皆さまのこころの健康づくりのお手伝いをしています。

 

病院やクリニックというと、本当にひどくなってしまったら受診するところというイメージかもしれません。ですが心の病気は、早いうちに対応するほうが解決しやすいことが多いです。

 

当院では、心の健康に不安を感じた方に早くご相談いただけたらという思いから、メンタルヘルス外来を行っています。メンタルヘルス外来は、こころの外来(心療内科・精神科)で行っています。

 

患者さんの状態によって、

  • お薬を使った治療
  • カウンセリング中心の治療
  • 初診時のご相談で様子をみる

を提案させていただきます。お薬を必ず服用しなければならないということはありません。ですがお薬を使ったほうが治療的である場合は、提案させていただきます。

 

お薬を使った治療の場合は医師の診察を、カウンセリング中心の治療の場合は生活カウンセリングをご案内させていただきます。

メンタルヘルス外来にご相談いただくケース

メンタルヘルス外来では、大きく3つのケースでご相談をいただきます。

  • 患者さんからご予約いただいてのご相談
  • 産業医グループこころみ顧問契約企業様の従業員の方の面談
  • ストレスチェック制度に基づく高ストレス者面談

 

患者さんからご予約いただいてのご相談には、様々な悩みがあります。

  • 仕事のストレスが解消できない
  • 大切なペットを失ってしまった
  • 友達や恋人との人間関係で悩んでいる
  • 家族関係で悩んでいる
  • 同僚や上司との関係で悩んでいる
  • 退職した後の人生で悩んでいる

こういった悩みには、正解がありません。その答えは人それぞれで、異なります。心身に症状が出ている場合はお薬も提案していきますが、現実的な解決のお手伝いが中心になることが多いです。

 

医師の診察では時間に制約が出てしまうので、お時間を確保して整理していきたい方は、生活カウンセリングをご案内させていただきます。

 

また当院では、職域でのサービスは産業医グループこころみと提携しています。顧問契約企業様の様々な面談対応や、ストレスチェック制度での高ストレス者面談などを行っています。

 

こちらに関しては、事前に企業担当者様からご連絡いただいた場合のみ対応させていただいています。

ストレスモデルからメンタルヘルスを分析する

メンタルヘルスを考えるにあたって、ストレスモデルから考えていくことで分析がしやすくなります。

 

代表的なストレスモデルとして、NIOSH(米国立労働安全衛生研究所)の職業性ストレスモデルが知られています。それを少しわかりやすく変えてみると、以下のような図になります。

 

NIOSHのストレスモデルについて、わかりやすく改変しました。

 

年齢や性別、性格といった個人要因があり、それに職場やプライベートでのストレスがストレス増加要因になります。それに対して自身のストレスコーピングや周囲のサポートなどが、ストレス軽減要因となります。

 

これらが作用しあった結果として、ストレスの反応が心身に表れます。そしてひどくなると、メンタル不調や体調不良につながってしまいます。

 

これを以下のようにイメージしてみましょう。

 

NIOSHのストレスモデルを、バケツ理論を組み合わせて説明します。

 

このように考えたときに、バケツから水があふれてしまったら不調が発生すると考えることができます。バケツから水をあふれないようにするには、

  • バケツを大きくする
  • 水の量を減らす
  • 穴を大きくする

の3つがあります。

 

バケツを大きくすることは、時間をかけて取り組む必要があります。水の量を減らすことや穴を大きくすることを、患者さんの状態や置かれている状況について考えていく必要があります。

 

そしてもう一つ大事なことがあります。ストレスを増加させる要因よりも、マイナスさせる要因にアプローチすることの方が3倍効果的といわれています。そういった視点で環境調整や治療を考えていきます。

当院のメンタルヘルス外来の流れ

当院のメンタルヘルス外来の流れをご案内します。

 

当院のメンタルヘルス外来は、完全予約制となります。当日に窓口にお越しいただいても、診療ができませんのでご了承ください。

 

これには理由がございます。メンタルヘルスの診察には、患者さんの生い立ち、家族構成、生活環境、不調にいたった経緯、現在の症状などを把握する必要があります。それを踏まえて方針を立て、患者さんに診たてを伝えて一緒に治療方針を決めていく必要があります。

 

これらの診察を行うには、初診は30分~40分ほどの時間がかかることが少なくありません。ですからメンタルヘルス外来は、完全予約制とさせていただいています。

 

再診の場合は、患者さんの状態に合わせて診察時間は異なります。目安として、再診は5~10分くらい(1時間に8人ほどの予約枠となっています)で診察を重ねていく形になります。

 

しっかりと時間をとって精神療法を行っていきたい方や、主治医が必要と判断した方は、カウンセリング(自費)をご案内させていただきます。

 

カウンセリングに関しては、

  • 生活カウンセリング:当院の産業カウンセラーによるカウンセリング
  • コトリー:当院提携のオンラインカウンセリング

をご案内させていただきます。臨床心理士による対面カウンセリングが必要と判断した場合は、臨床心理士さんが在籍されているクリニックをおすすめさせていただきます。

 

初診も再診も完全予約制になりますので、インターネットや電話でご予約ください。再診の方は、お帰りの際に受付で予約をお取りください。変更はぜひ、インターネット予約をご活用ください。

当院のメンタルヘルス外来の特徴

  • 複数の医師で土日・夜も診療
  • 職場の実情を理解した医師・カウンセラーが対応
  • 産業医グループこころみとの連携

ここでは当院のメンタルヘルス外来の体制としての特徴をお伝えしていきますが、どの医師も「患者さんの目線にたった提案」を心がけています。専門家としての意見をお伝えし、患者さんの気持ちを踏まえて、一緒に方針を考えていくことを心がけています。

複数の医師で土日・夜も診療

当院では、患者さんが通いやすいクリニックを目指しています。このために、仲間の医師で協力して診療体制を組んでいます。

 

基本的には祝日を除き、土曜・日曜含めて毎日診療しています。そして時間帯としても、9時から20時まで診療しています。

 

主治医を固定していただき、原則的には初診を担当させていただいた医師が主治医とさせていただきます。どうしても都合が合わない場合は、主治医を変更させていただきます。

 

一時的に都合がつかなかったり、突発的な出来事で予定通りの通院ができなかった場合は、臨時で他の医師の予約を取っていただくこともできます。

職場の実情を理解した医師・カウンセラーが対応

当院のメンタルヘルス外来の特徴として、職場の実情を理解したスタッフが多いという点があります。

 

メンタルヘルスが脅かされている要因に職場がある場合、職場での環境調整をお願いすることもあります。ときには休職して、治療に専念しなくてはいけないこともあります。

 

そういった場合に、医療機関側が職場の実情に対して理解しているかどうかは大きな違いを生みます。労使でトラブルになることは双方に好ましいことではなく、現実的な落としどころを提案できます。

 

たとえば、

  • 会社の安全配慮義務と労働契約のバランス
  • 労働者の権利と労働契約のバランス
  • 労働契約を踏まえての環境調整
  • 休職の際の経済的な制度(傷病手当金や雇用保険)
  • 休職・復職の手続きと流れ

こういったことに対しては、職場のメンタルヘルスに従事した経験の有無が大きな違いを生みます。

 

当院の医師の中には、産業医経験の豊富なメンバーがおります。そしてカウンセラーも、産業カウンセラーの資格と経験をもつスタッフが在籍しています。

産業医グループこころみとの連携

産業医グループこころみと当院では、定期的に勉強会を開催しています。職員同士が業務交流も行っており、実践の場で学ぶ機会をつくっています。

 

産業医サービスは職域メンタルヘルスに携わりますが、精神医療の現場知識を習得することはとても重要です。その一方で、医療機関としても職場での対応を学べる機会はとても大切です。

 

職域と医療は完全に分離されていて、ときには対立構造になってしまうこともありますが、当院ではお互いの状況を想像できるようにすることで、職域と医療が協力できる形を目指しています。

 

当院に職域でのサービスについてお問い合わせいただくことも少なくありませんが、産業医グループこころみにてご提案をさせていただきます。

 

産業医グループこころみのご案内

生活カウンセリングのご案内

当院では、産業カウンセラーによる生活カウンセリングをおこなっています。

 

生活カウンセリングは仕事やプライベートなど、日常生活の中での悩みを解決するお手伝いを行っていきます。「気の利いたアドバイスがもらえる」というよりは、「話を引き出してくれていくうちに話が整理されていく」といったイメージが近いと思います。

 

必要に応じて、ご本人の状況に適切な制度や施設などのご案内や、そのアドバイスなどもさせていただきます。

 

30分の時間を確保して行っていくので、現実的な悩みの解決をじっくりと行っていきたい方は、診察と並行して生活カウンセリングをご案内します。

 

30分で3000円(税別)となりますが、初回はお代をいただかずにご説明させていただきます。まずはご相談いただければと思います。

 

生活カウンセリングについて

当院のメンタルヘルス外来の体制と予約状況

当院では、4名の医師が曜日ごとに担当させていただき、

  • 月~土:9時~13時 15時~20時
  • 日:9時~13時 14時~18時

と原則毎日診療しております。※祝日は休診となります。

 

お陰様で非常に多くの患者様にお越しいただき、初診予約が大変取りづらくなっております。

  • 電話:2週間先まで
  • インターネット:1週間先まで

のご予約とさせていただいております。患者様の病状として、2週間を超えることは不適切と考えているためです。

 

2週間先まで予約がいっぱいでお取りできないこともございますが、ご了承ください。例えば11月15日の時点では、11月28日までの予約を受け付けています。16日になりましたら、29日分の予約を受付いたします。

 

キャンセルが出ることもありますので、インターネット予約をご覧いただければ、直前でも空きがあることもあります。どうぞご理解のほど、よろしくお願いします。

当院では患者さまをできるだけお待たせしない快適な医療のために、予約システムを導入しています。

ネットから簡単に翌日以降の時間予約が可能です。

お電話でのお問い合わせはこちら

診療時間

 
9:0013:00
15:0020:00

★:日曜日は14:00~18:00まで
休診日:祝日

※受付は、診療終了時間の15分前までとなります。

詳しくはこちら

アクセス

地図

神奈川県川崎市中原区木月1-28-5 メディカルプラザD元住吉3階

東急東横線・目黒線元住吉駅西口より徒歩3分

詳しくはこちら

  • 医者と学ぶ 心のサプリ
  • 「こころ」と「からだ」の情報配信! cocoromi’s blog
  • 一緒に働きませんか? スタッフ募集
  • Facebookシェア twitterシェア