呼吸器内科外来診療のご案内/からだの治療

呼吸器内科外来とは?

当院では、呼吸器内科専門医が中心に診療を行っています。土曜日の午後の診療を除き、呼吸器専門医が担当しています。

 

呼吸器疾患とは、空気の通り道である気道におこる病気全般をさします。かぜやインフルエンザといった日常の病気から、それが悪化してしまった肺炎、気管支喘息や咳喘息など、様々な病気を診療しています。症状としては、「せき」のエキスパートになります。

 

当院の呼吸器内科外来の特徴としては、

  • 患者様のニーズを大切にすること
  • 必要なときはしっかりと検査・診断・治療を提案させていただくこと

があります。

 

問診票にて、患者様の希望を伺います。それに基づいて、医師は問診をしていきます。その過程でしっかりと検査したほうが良い場合は、医師の方から提案させていただくこともあります。

 

もちろん無理強いはしません。検査を行うとお会計も高くなってしまいますので、ご希望の患者様には金額の目安もお伝えさせていただきます。

呼吸器内科外来で診療している病気

呼吸器内科外来では、気道に起こる病気を全般的に診療していきます。

 

  • かぜ
  • 肺炎
  • 咳喘息
  • 気管支喘息
  • COPD(肺気腫)
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)

など、呼吸器に関係する不調がある方はご相談ください。

 

症状としては「せき」を中心に、咳喘息や気管支喘息などが疑われる場合は検査をおすすめしています。

 

喘息は慢性的な気道の炎症ですので、放っておくと次第に呼吸機能が低下してしまうこともあります。かぜをきっかけにして喘息が判明する方も少なくありません。

当院の呼吸器内科外来の流れ

当院に初診時は、受付にお声掛けください。

 

初診時は健康保険証のご提出をお願いしています。自動受付機でお手続きいただき、番号札をお受け取りください。問診票をお渡ししますので、そちらにご記入いただきます。

 

当院に初診の患者様には、初診用の問診票をご記入いただきます。再診の患者様でも、お困りの症状を始めてご相談いただくときは、再初診用の問診票にご吸入いただきます。

 

問診票の記入がおわりましたら、受付スタッフにご提出ください。順番に従って、医師がお名前をお呼びするまでお待ちください。

 

込み合っている場合は、受付にお声掛けいただいて外出していただくことも可能です。

 

お呼び出しは内科の患者様に限って、フルネームでお呼びさせていただきます。患者様の取り間違えを防ぐためになります。込み合ってしまうとデータを取り違えてしまうこともありますので、ご了承ください。

 

検査を実施される際は、看護師の準備が整うまでお待ちください。検査が終わりましたら、すぐに結果が分かるものに関しましては再度診察をさせていただきます。

 

お待たせすることもありますが、

  • その日のうちに結果がわかるものは、できるだけ1回の診察にまとめる

その方が患者様のためと考えてのことになります。後日を希望の方は、スタッフに伝えて頂ければと思います。

治療に対する患者様のニーズの確認

当院の問診票には、患者様のニーズをお聞きする質問項目を設けています。

  • 担当医にまかせる
  • できるだけ簡潔に診察してほしい
  • 今回の症状について詳しく調べてほしい
  • 生活習慣病など可能性ある病気を詳しく調べてほしい

こちらの4択になります。

 

できるだけ簡潔に診察してほしいというご希望の方には、必要最小限の検査を心がけるようにしています。しかしながら担当医が必要と判断した際は、検査を提案させていただくこともあります。

 

その場合に、検査をして何も異常が出ないこともございます。不満に思われる方もいらっしゃいますが、検査をして「何も異常がなかった」ということを調べることが必要なのです。これは喜ばしいことであって、無駄な検査を医師からすすめることはいたしません。

 

また、薬の処方のみを希望される患者様もいらっしゃいますが、病気によっては最低限の検査を行わないと処方できないお薬もございます。

当院の呼吸器内科外来の特徴

  • アレルギーにも詳しい呼吸器専門医が診療
  • 複数の医師で土日・夜も診療
  • 院内の充実した検査体制

 

ここでは当院の呼吸器内科外来の体制としての特徴をお伝えしていきます。

 

どの医師も「患者さんの目線にたった提案」を心がけています。ニーズをお聞きしながら検査や治療の提案をさせていただきます。

 

ですが、すべてを患者様の希望どうりに行えるわけではありません。医療として不適切なこと、他の患者様との公平性に反することに関しては、ご希望に添えません。

アレルギーにも詳しい呼吸器専門医が診療

当院の内科医は、呼吸器内科を専門とする医師が中心となっています。

 

さらに中心となる医師がアレルギー専門医を取得しています。このため呼吸器疾患のうちアレルギーが関係する、

  • 咳喘息
  • 気管支喘息

の診療に力を入れています。後述しますが、院内でも詳しく検査を実施することができます。

 

また当院は、こころの外来と連携して診療することができます。その強みを生かして、

  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 禁煙外来(COPDの治療)

を行っています。

 

睡眠時無呼吸症候群は熟睡感がないなど、不眠で困って受診される方もいらっしゃいます。呼吸器外来では、睡眠時無呼吸症候群の検査を在宅で行うことができます。

 

また禁煙外来は、依存症の治療になります。こころの要素は非常に大きく、連携しながら治療していくこともございます。

複数の医師で土日・夜も診療

当院では、患者さんが通いやすいクリニックを目指しています。このために、仲間の医師で協力して診療体制を組んでいます。

 

基本的には祝日を除き、土曜・日曜含めて毎日診療しています。そして時間帯としても、9時から20時まで(日曜のみ18時まで)診療しています。

 

電子カルテを導入しており、複数の医師でも情報共有ができるようになっています。

院内の充実した検査体制

当院は、とくに呼吸器疾患に関する検査体制が充実しています。

  • レントゲン検査
  • 呼吸機能検査(フローボリューム検査)
  • 呼気ガス検査(呼気NO検査・呼気CO検査)
  • 血液検査(アレルギー検査その他)

 

これらによって、呼吸器疾患を評価することができます。当院ではCTは実施できません。必要な場合は、総合病院に紹介状を作成させていただきます。

 

呼吸機能を評価するにあたっては、心臓の機能を見ていく必要がある場合もあります。

  • レントゲン
  • 血液検査(BNPなど)
  • 心電図

などを実施することもあります。

 

睡眠時無呼吸症候群については、

  • 簡易検査(アプノモニター)
  • 精密検査(在宅終夜ポリソムノグラフィー)

が実施できます。入院での検査につきましても、提携病院をご紹介させていただくことができます。

 

肺炎などの感染症が疑われる場合は、

  • 院内迅速血液検査

が実施でき、炎症反応を評価することができます。

 

バイタル(血圧やSpO2など)と炎症反応の程度(WBC・CRP)から、入院での治療が必要かどうかが判断できます。通院で治療が可能な場合は、点滴での肺炎治療を行うこともあります。

当院の呼吸器内科外来の体制と予約について

当院の呼吸器内科外来は、予約優先診療となっています。

 

前日までにご予約いただければ、ご予約いただいた患者様を優先的に診療させていただきます。

 

予約時間を設定させていただきますが、あくまで目安になってしまいます。その日の診療の進み具合や重症患者様などが発生してしまった場合、順番が前後してしまったり、お待たせしてしまうこともございます。

 

できるだけお待たせしないように心がけてはいますが、なるべく余裕をもって受診いただければ幸いです。

 

お待たせ時間が長くなる場合は、受付にて表示するようにしております。受付にお伝えいただければ、外出していただくことも可能です。ご理解のほど、よろしくお願いします。

当院では患者さまをできるだけお待たせしない快適な医療のために、予約システムを導入しています。心療内科は完全予約制です。

ネットから簡単に翌日以降の時間予約が可能です。

お電話でのお問い合わせはこちら

診療時間

 
9:0013:00
15:0020:00

★:日曜日は14:00~18:00まで
休診日:祝日

※受付は、診療終了時間の15分前までとなります。

詳しくはこちら

アクセス

地図

神奈川県川崎市中原区木月1-28-5 メディカルプラザD元住吉3階

東急東横線・目黒線元住吉駅西口より徒歩3分

詳しくはこちら

  • 医者と学ぶ 心のサプリ
  • 「こころ」と「からだ」の情報配信! cocoromi’s blog
  • 一緒に働きませんか? スタッフ募集
  • Facebookシェア twitterシェア

看護師募集

臨床検査技師募集

医療事務募集