抗不安薬(精神安定剤)こころみ医学

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用と対策

  • 更新日:2019年11月03日 00:36
  • 作成日:2019年12月03日 22:00

抗不安薬(精神安定剤)の副作用が気になる方へ

現在使われている抗不安薬(精神安定剤)は、ほとんどが『ベンゾジアゼピン系』という系列です。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬は飲んですぐに実感できる効果が期待でき、種類も多く使いやすいお薬です。

そうはいっても、眠気・ふらつきをはじめとする副作用や、飲み続けると慣れが生じて依存しやすくなるなど、使用には注意が必要です。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用と対策について確認し、安全性に配慮して使っていきましょう。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用

ベンゾジアゼピン系のお薬には、抗不安作用だけでなく、

  • 催眠(眠りやすくする)
  • 筋弛緩(筋肉の緊張をやわらげる)
  • 抗けいれん(けいれんを鎮める)

と、計4つの作用が期待できます。また、

  • 効果実感が高い
  • 効き目が速やか

という特徴があり、症状が辛いときの頓服薬(そのときだけ飲むお薬)として優れています

それがベンゾジアゼピン系抗不安薬のメリットでもあるのですが、その分副作用にも注意しなければいけません。

主な副作用には

  1. 日中の眠気
  2. ふらつき
  3. 依存と離脱症状

があります。順番に対策を確認していきましょう。

※ベンゾジアゼピン系抗不安薬のメリット・デメリットについて詳しくは、ベンゾジアゼピン系抗不安薬のメリット・デメリットをお読みください。

1.日中の眠気

上でもお伝えした通り、ベンゾジアゼピン系のお薬には眠気を誘う作用もあります。

基本的に不安への働きが強いお薬が抗不安薬として使われるため、睡眠薬ほどの強い眠気にはならず、慣れるとあまり感じなくなることが多いですが、中には催眠作用の強いお薬もあるので注意が必要です。

日中の眠気の対策

まだ服用して間もないときは、できるならば様子をみてください。

お薬が身体に慣れてくると眠気が薄まってきて、ちょうど効果だけを実感できるようになるかもしれません。ただし、その期間は集中力が無くなりますので、危険作業などにはじゅうぶん注意をしてください。

それでも眠気が続く場合、2つの方法があります。

  • お薬の量を減らす
  • 催眠作用の弱い種類に変える

お薬の量を減らせば、副作用も軽減します。その分効果も弱まってしまうので、効果との兼ね合いにはなりますが、大丈夫そうでしたら少しずつ減薬をしてみましょう。

それでも眠気が残るときには、催眠作用の弱いお薬に変更していきます。

2.ふらつき

ベンゾジアゼピン系抗不安薬には、筋肉の緊張をやわらげる作用もあります。これは肩こりや頭痛など緊張による身体の症状があるときには有効で、むしろ大歓迎の作用になりますが、高齢で足腰が弱っている方などに筋弛緩作用が強く出るとふらついてしまって危険です。

眠気の副作用と合わさり、転倒して骨折するような恐れもあるので注意が必要です。

ふらつきの対策

ふらつきの副作用も飲み始めに強く出やすいため、支障がない範囲なら様子をみてみましょう。

ただし、眠気と同様に行動には十分注意し、

  • 急に立ち上がらない
  • 足元を確認しながら動く
  • 足腰の弱い方は手すりなどを持つようにする
  • 高所にはできるだけ近づかない

などを意識してください。

それでも慣れずふらつきが続く場合には、眠気と同じく

  • 減量
  • 筋弛緩作用の弱いお薬への変更

のどちらかになります。

3.依存と離脱作用

ベンゾジアゼピン系のお薬は、

  • 身体依存(身体がお薬に慣れ、急に抜けると調子が悪くなる)
  • 精神依存(お薬を飲まないと不安になる)
  • 耐性(飲み続けると効き目が弱くなる)

の3つの要素で依存がついてしまうことがあります。また、お薬が急に抜けると身体がバランスを崩し、ふるえやこわばりなどの離脱作用がおこりやすいのも特徴です。

依存や離脱作用のつきやすさはお薬によっても違いがあり、

  • 効果が強い
  • 作用時間が短い

このような特徴があると、依存・離脱作用の副作用は出やすくなります。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の依存を心配される方は多いのですが、その依存度はアルコールに比べたらはるかにマシです。

お酒を飲んでいる方はいっぱいいますが、アル中になる方はごくわずかですよね?ですから、医師の指示通り、一定量でコントロールできている場合は、過度に心配なさることはありません。

そうはいっても、ベンゾジアゼピン系抗不安薬はあくまで一時的に不安を落ち着けるために使うお薬で、まんぜんと飲み続けることは避けた方が望ましいでしょう。

依存と離脱作用の対策

ベンゾジアゼピン系のお薬は、治療の出口を見据えて使っていくことが大切です。

処方のときは、依存の少ない抗不安薬から使い、長期にわたる時はSSRIをはじめとする抗うつ剤へと切りかえるなどで対応をし、

  • できるだけ少量・短期間で使う
  • 作用時間が長い抗不安薬にする
  • お薬以外で不安に対応する方法も身に着けていく

ことも意識していきます。

そして、使用中は以下のことに注意しましょう。

  • 用量・用法を守る
  • アルコールと一緒には絶対服用しない

使い続けていると効き目が薄れることがありますが、自己判断で飲む量や回数を増やすことは止めましょう。

また、アルコールとの併用は作用が急激になって危険ですし、依存を深めてしまうので避けてください。

飲み続けていた方がお薬を抜くときは、

  • 少しずつ減らしていく

ことによって離脱作用を最小限に抑えることができます。

お薬に頼らない不安対策も取り入れていきましょう

ベンゾジアゼピン系のお薬は、眠気、ふらつき、依存や離脱作用に注意が必要ではありますが、不安治療の助けとしては優れたお薬です。

しかしながら、あくまで不安を一時的にしずめるだけのもので、飲み続ければ根本から不安を感じにくくするようなお薬ではありません。

不安は、人生において避けては通れない感情です。お薬だけに頼らず、自分で不安をコントロールする方法を身に着けたり、過度な不安を招く考え方を見直したりと、お薬以外の不安対策も取り入れていきましょう。

※お薬を使わない不安対策については、薬に頼らずに不安を解消する4つの方法をお読みください。

こころみ医学 - 内科の症状 - ベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用と対策