抗うつ剤(抗うつ薬)こころみ医学

太りやすい抗うつ剤は?体重増加の比較

  • 更新日:2020年08月02日 01:47
  • 作成日:2019年11月08日 22:00

体重増加の副作用が気になる…

多くの患者さんが気にされる抗うつ剤の副作用の中で、「体重増加」があります。

たしかに抗うつ剤は、食欲を増したり、リラックス効果で代謝を抑えたりと、太りやすくなる傾向のお薬が多いのですが、種類によって差があります。SNRIなどは体重へほとんど影響しません。

抗うつ剤ごとの太りやすさを比較してみましょう。

抗うつ剤について概要を知りたい方は、抗うつ剤(抗うつ薬)とは?をお読みください。

抗うつ剤の副作用全体について知りたい方は、抗うつ剤によくある副作用と対策とは?をお読みください。

抗うつ剤の「太る」副作用の比較

抗うつ剤の太りやすさを順番で並べてみると、

  • NaSSA≧三環系抗うつ薬>パキシル≧四環系抗うつ薬・SSRI>SNRI

となります。

主な抗うつ剤の太りやすさを一覧表でまとめてみました。

抗うつ剤の太りやすさを比較してみました。

抗うつ剤の太りやすさは、お薬の作用によって違いがありますが、もっとも太りやすいのは、

  • リフレックス/レメロン(NaSSA)
  • トリプタノール(三環系)

どちらかというと太りにくいのは、

  • イフェクサー、サインバルタ、トレドミン(SNRI)

となっています。

一番太りやすいNaSSA

体重増加しやすい抗うつ剤の代表といえば、NaSSAと呼ばれるリフレックス/レメロンです。効果がしっかりしていて良いお薬ですが、食欲を増加させる

  • 抗ヒスタミン作用
  • 抗5HT2c作用

が強いのが特徴です。

ヒスタミンは満腹中枢を刺激する物質で、5HT2c(セロトニン受容体の1つ)は食欲を抑える働きがあります。

リフレックス/レメロンは、この2つをブロックする働きから食欲を増進させてしまいます。

三環系の中でも太りやすいトリプタノール

古くからある三環系抗うつ剤も太りやすいお薬です。

その中でも、

  • トリプタノール

は特に太りやすく、リフレックス/レメロンと同じくらい食欲増進が目立ちます。

その他の

  • トフラニール
  • アナフラニール
  • アモキサン
  • ノリトレン

は、リフレックス/レメロンやトリプタノールほどではありませんが、やはり太りやすい傾向があります。

やや太りやすいSSRI・四環系

SSRIの

  • ジェイゾロフト
  • ルボックス/デプロメール
  • レクサプロ

は、明らかに太りやすい抗うつ剤というわけではありませんが、セロトニン作用の強さで穏やかな状態になり、その結果太りやすくなることがあります。

副作用による食欲増進や代謝への影響などはとくにありません。

むしろ、体重や体型へのとらわれが強いような過食症の方では、治療に用いることもあります。

ただし

  • パキシル

だけはなぜか、発作的な過食を誘発することがあります。

四環系の

  • ルジオミール
  • テトラミド

は三環系の副作用を軽減したものですが、ルジオミールの方が太りやすい傾向があります。

太りにくいSNRI・エビリファイ

SNRIの

  • サインバルタ
  • トレドミン
  • イフェクサー

は、交感神経系のノルアドレナリンを増やし、意欲を高めて活動的にする抗うつ剤です。

そのため代謝は促進され、お薬の作用として体重増加がみられることは少ないです。

また、向精神病薬にも分類される

  • エビリファイ

は、人によっては体重増加してしまうこともありますが、そこまで太りやすいお薬というわけではありません。ドパミンを増やすことで活動的にさせるので、むしろ体重が減ることもあります。

胃の働きを高めるドグマチール

ドグマチールは、抗うつ剤や向精神病薬としても使われますが、元は胃薬です。

胃の働きを促進させるため食欲があがり、太りやすくなることがあります。

体重増加が気になるときの対策は?

「太りやすいお薬は飲みたくない!」と考える方も多いと思いますが、体重増加の副作用は、かならず生じるわけではありません。

抗うつ剤の場合は、お薬そのものが太らせるというよりは、食欲を増したり、リラックス作用で代謝を抑えたりすることで、間接的に体重を増加させるのです詳しくは、なぜ抗うつ剤は太りやすいの?体重増加の原因とは?をお読みください。)

ですから、食事や運動などを意識していけば、体重を管理していくことができます。

けれど、お薬の選択も含め、病状に合わせて行っていくことが重要ですから、「体重増加が気になる」というときは、主治医と相談しましょう。

治療中に太る原因は、人によってさまざまです。お薬のせいとばかり決めつけず、

  • 生活習慣
  • 精神状態
  • 症状の変化

なども振り返り、何が原因かを総合的にみながら、病状とともに対策していくことが大切です。

対策について詳しくは、抗うつ剤は太る?体重増加と5つの対策をお読みください。

こころみ医学 - 内科の症状 - 太りやすい抗うつ剤は?体重増加の比較