抗うつ剤(抗うつ薬)こころみ医学

抗うつ剤は太る?体重増加と5つの対策

  • 更新日:2020年08月02日 01:49
  • 作成日:2019年11月01日 22:00

体重増加の副作用が気になる!

患者さんから「この薬は太りますか?」という質問をよく受けます。

精神科のお薬は性質上どうしても太りやすいものが多く、抗うつ剤は種類によりますが、やはり太りやすい傾向のものが多いです。

抗うつ剤による体重増加には、どのように対処すればいいのでしょうか?具体的な対策をみていきましょう。

抗うつ剤について概要を知りたい方は、抗うつ剤(抗うつ薬)とは?をお読みください。

抗うつ剤の副作用全体について知りたい方は、抗うつ剤によくある副作用と対策とは?をお読みください。

まずは主治医に相談を

体重増加の副作用が気になったら、まずは主治医に相談をしてください。

体重についての考え方は個人差も大きいですから、患者さんと医師のとらえ方にギャップが大きいこともあるのです。「体重増加が気になる」ということを、ちゃんと伝えておきましょう。

そうすれば、お薬の調整も含めて一緒に対策を考えていくことができますし、抗うつ剤の治療中に太るのは、お薬の副作用とばかりは限りません。

「この抗うつ剤は太るから」と、自己判断でお薬を減らしたり中止したりすれば病状が悪化し、かえってお薬が必要な期間が延びてしまうこともあります。主治医と相談し、体重を管理していく方法を考えていきましょう。

抗うつ剤による体重増加の対処法

抗うつ剤による体重増加が気になるときは、以下のようなことで対処をしていきます。

  • 体重測定をする
  • 食事を見直す
  • 運動習慣をつくる
  • 抗うつ剤を減薬する
  • 他の抗うつ剤に変える

抗うつ剤は、お薬が代謝に影響することは少なく、食欲増加やリラックス作用などで太りやすくなります。食べた量以上に太ってしまうことは少ないですので、自己管理の意識をもっていくことが重要になります。

いずれにしても、病状に合わせて行っていくことが大切ですので、主治医と相談しながらやっていきましょう。とくにお薬の調整は、必ず主治医と相談をしてください。

対策①体重測定をする

精神科のお薬を服用している時は、できるだけ体重測定をするようにしましょう。

普段、体重を定期的に測っていますか?体重測定といえば、年に1度の健康診断の時だけという方も多いのではないでしょうか。お薬を飲んでいく中で、「なんだか最近太ってきたなぁ‥‥」と思って体重を測ってみたら、その数字にビックリしてしまうこともあります。

その衝撃が大きすぎて、お薬を急にやめてしまうことにもなりかねません。体重を定期的に測っていれば早期に変化がわかり、すぐに対策をとって体重を戻すのも楽ですよね。体重が大きく増えてしまった後では、元に戻そうという気持ちもくじけてしまいます。

対策②食事を見直す

抗うつ剤は代謝への影響は比較的少なく、食べたカロリー以上に太ってしまうわけではありません。

ですから、カロリーコントロールを意識すれば、体重増加は改善されていきます。

抗うつ剤の服用中は、以下のような意識で食生活を見直していきましょう。

  • カロリーを意識して食事を選ぶ
  • 朝食は抜かずに3食食べ、間食を控える
  • よく噛んで食べる
  • タンパク質をしっかりと摂る
  • 適度に糖質を控える

カロリーを意識して食事を選ぶ

「カロリーを意識する」は体重管理の基本ですが、無理な食事制限は続きませんし、かえって痩せにくい身体をつくってしまうことがあります。

必要以上にカロリーを摂らないような意識で食事を選びつつ、バランスの良い食生活をこころがけましょう。

朝食は抜かずに3食食べ、間食を控える

食事をとると身体があったかくなりますよね?それは『食事誘発性熱産生』と呼ばれる現象です。

栄養素が分解されて熱が産生され、消化活動によって胃腸が動くので、代謝がよくなるのです。

ですので、食事は3食きっちりととった方がやせやすくなります。

かといって、食事の回数を3食以上に増やせば、よほどしっかりした人でないと自分の摂取カロリーがわからなくなってしまいます。

1日3食を基本に間食は控え、必要なカロリーを分けて食べるようにしましょう。

よく噛んで食べる

食後の代謝増加を大きくするためには、2つの方法があります。

1つは「よく噛んで食べること」。

よく噛んで食べると、食事による熱産生が増えることもわかっています。

それに消化も促進され、噛むことが満腹中枢を刺激したり、精神的なリラックス効果をもたらしたりして、少量でも満足感を得やすくなります。

ゆっくりと時間をかけて食事をとることにもつながりますので、血糖値が上昇して満腹感がでてきて、食べすぎずに済みます。

タンパク質をしっかり摂る

食後の代謝増加を大きくするもう1つの方法は、「タンパク質を多くすること」です。

タンパク質は摂取カロリーの30%あまりが熱産生に使われると報告されています。

ダイエットがいき過ぎてタンパク質や脂質が不足し、筋肉量が減ると基礎代謝も落ち、痩せにくい身体になってしまいます。

適度に糖質を控える

タンパク質とは反対に、控えめにした方がいいのは糖質です。ごはん、麺類、パンなどの主食類や甘いものですね。

といっても、「糖質抜きダイエット」など極端な糖質制限は病気のリスクも高まると報告されており、おすすめできません。少なくとも、朝食の糖質はなくすべきではありません。

素早くエネルギー変換ができる栄養素は糖質です。脳の活動が低下している朝には、糖質でスイッチを入れてあげる必要があります。

それに、糖質が不足してくると脳がストレスを感じやすくなりますし、無茶なことをすれば必ず反動がやってきます。

ですから、「糖質を控えめにするマイルール」をつくる程度がちょうどよいです。例えば、ご飯は半盛りにする、夜のラーメンは封印するなどです。

「お薬を飲んでいる期間だけのダイエット」ではなく、その後も無理せず続けていけるようなものにしましょう。

対策③運動習慣をつくる

運動で筋肉量が増えれば基礎代謝が上がり、痩せやすい身体になります。

できるならば、

  • 筋トレ
  • 有酸素運動

を組み合わせた方が効率よく痩せられます。筋トレをすると少しずつ筋肉量が増えていくだけでなく、筋トレ直後から代謝があがります。この状態で有酸素運動を行うと、脂肪が効率よく燃焼されるのです。

さらに言えば、

  • お尻

など、大きい筋肉から鍛えていく方が効率はよいです。

また、運動は精神的にもよい影響があります。運動するとスッキリしますよね。軽症のうつ病の方では、治療として運動が勧められることもあるのです。運動習慣により病状がよくなれば、抗うつ剤も減らしやすくなります。

対策④抗うつ剤を減薬する

抗うつ剤の効果がしっかりと出ているならば、少し減らしてみるのもひとつの方法です。抗うつ剤を減らしてみて、効果はそのままで食欲が軽減できれば、それに越したことはありません。

ですが、これは必ず主治医に相談してください。減薬しても大丈夫かどうかは、これまでの経過から慎重に判断することが大切です。焦って減薬し、病状が悪化すればかえって服薬期間や休息期間が長引き、太りやすくなってしまうことも考えられるのです。

対策⑤他の抗うつ剤に変える

抗うつ剤の中でも、太りやすさには違いがあります。太りやすい抗うつ剤を使っている時は、太りにくいSNRIやSSRIに変更していくことも検討します。

そうはいっても、お薬の切り替えにはリスクも伴います。同じ作用をする抗うつ剤だからといって、同じように効果がでるとは限りません。ですから、効果も含めて総合的に切り替えるかを考えます。

お薬を切り替える場合は、まずは併用して副作用がないことを確認し、少しずつ減薬して新しい抗うつ剤を増やしていきます。

抗うつ剤の種類による太りやすさの違いについては、太りやすい抗うつ剤は?体重増加の比較をお読みください。

まとめ

体重増加が気になるときは、まずは主治医に相談をし、対策を行っていきましょう。

  • 体重測定をする
  • 食事を見直す
  • 運動習慣をつくる
  • 抗うつ剤を減薬する
  • 他の抗うつ剤に変える

抗うつ剤は代謝への直接的な影響は少ないため、自己管理の意識をもっていけば「お薬で激太り!」のようなことにはなりません。

また、お薬の作用だけでなく、症状改善で食欲が増したり、反対に意欲の減退が体重増加につながっていることもあります。

その原因は患者さんによってもさまざまですので、何が太った原因かを総合的にみて、治療効果と合わせて対策していくことが大切です。

抗うつ剤や他の要素での体重増加の原因については、太りやすい抗うつ剤は?体重増加の比較をお読みください。

こころみ医学 - 内科の症状 - 抗うつ剤は太る?体重増加と5つの対策