抗うつ剤(抗うつ薬)こころみ医学

抗うつ剤による吐き気・下痢の比較

  • 更新日:2019年10月19日 12:30
  • 作成日:2019年10月22日 22:00

抗うつ剤の副作用「吐き気・下痢」が気になる方へ

抗うつ剤によくみられる副作用の中に、「吐き気」「下痢」があります。ほとんどの場合は飲み始め1~2週間ほどで落ち着きますが、中にはその副作用が気になってお薬を止めてしまう方もいます。

抗うつ剤の種類ごとに、吐き気・下痢の副作用の出やすさを比較してみました。

なぜ抗うつ剤で吐き気・下痢がおこってしまうのか

  • 抗うつ剤による吐き気・下痢の原因は、「セロトニン」です

脳内のセロトニンが減少すると抑うつ・緊張・不安などの原因となるため、抗うつ剤にはセロトニンの作用を高める働きがあります。

ところが、このセロトニンの90%以上は、実は「胃腸」に存在しているのです。そして、胃腸に良くないものが入ったときなどに、外へ排出しようとする働き(つまり、嘔吐と下痢ですね)に大きく関与しています。

抗うつ剤を飲み始めると、一時的に胃腸のセロトニンも刺激されてしまうため、そこから吐き気や下痢の症状が生じることがあります。1~2週間もすれば身体が慣れ、胃腸の働きも落ち着いていきます。

原因について詳しくは、抗うつ剤で吐き気や下痢がおこる原因とは?をお読みください。

抗うつ剤の吐き気・下痢の比較

  • SSRIやSNRIでよくある副作用ですが、トレドミンにはあまり目立ちません。古い三環系抗うつ剤でも生じにくく、NaSSAのリフレックス/レメロンにはほとんど認められません。

代表的な抗うつ薬の副作用のうち、吐き気・下痢を比較して表にしまとめました。

この表を見ていただくと、吐き気や下痢はSSRIとSNRIに多いことがお分かりいただけるかと思います。上でご説明した通り、吐き気・下痢の原因は「セロトニン」です。ですから、セロトニンに選択的に働くSSRIとSNRIで多く生じるのです。

SSRIと吐き気・下痢

  • SSRIの中でも、ルボックス/デプロメールでとくに多いです。

私自身が試供品を飲んだ時、下痢気味になりました。

その他のSSRI(パキシル、レクサプロ、ジェイゾロフト)にはあまり大きな違いはありません。

SNRIと吐き気・下痢

  • イフェクサーやサインバルタに比べ、トレドミンには少ない印象があります。

SNRIはSSRIよりは吐き気・下痢が少ないですが、それでも古いタイプの抗うつ剤よりは多く認められます。

NaSSAと吐き気・下痢

  • NaSSAのリフレックス/レメロンには、吐き気や下痢がほとんど認められません。

これは、嘔吐中枢などを刺激するセロトニン5HT2・3受容体をブロックする作用があるためです。

三環系・その他の抗うつ剤と吐き気・下痢

  • 三環系、デジレル/レスリンも吐き気・下痢は少ないです。

三環系抗うつ剤などの古い薬や、デジレル/レスリンも、リフレックス/レメロンと同じセロトニン5HT2・3受容体をブロックする作用があるため、吐き気・下痢は生じにくくなっています。

古い抗うつ剤は全体的に副作用は多いですが、吐き気と下痢に関しては、SSRIやSNRIの方が発生しやすいのです。

まとめ

抗うつ剤の吐き気や下痢の副作用は、SSRIやSNRIに多くみられます。NaSSAや古い抗うつ剤、デジレル/レスリンにはあまり認められません。

多くの場合は1~2週間ほどで落ち着きますから、ガマンできそうな範囲なら様子をみてください。胃腸の弱い方や副作用が強く出た方には一時的に胃腸薬も処方しますが、どうしても辛いというときには、他の抗うつ剤に変更する場合もあります。

吐き気・下痢が辛いときは主治医と相談してみましょう。

吐き気・下痢の対策について知りたい方は、抗うつ剤の吐き気・下痢と5つの対策をお読みください。

こころみ医学 - 内科の症状 - 抗うつ剤による吐き気・下痢の比較