睡眠薬(睡眠導入剤)こころみ医学

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のメリット・デメリット

  • 更新日:2019年10月18日 12:12
  • 作成日:2019年11月19日 22:00

非ベンゾジアゼピン系は安全性が高い?

睡眠薬は、作用の仕方によって系列が分かれますが、脳のGABAを高めることで催眠効果を発揮するお薬には、『非ベンゾジアゼピン系睡眠薬』と『ベンゾジアゼピン系睡眠薬』があります。

マイスリーやアモバンやルネスタといった睡眠薬は、『非ベンゾジアゼピン系睡眠薬』に分類されるお薬です。従来のベンゾジアゼピン系睡眠薬と比べると、依存性や副作用が軽減され、使い勝手のよい睡眠薬として処方が増えています。

しかしその一方、やはりデメリットも。非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のメリット・デメリットをみていきましょう。

ベンゾジアゼピン系睡眠薬とベンゾジアゼピン系睡眠薬の違い

  • 非ベンゾジアゼピン系→ω1受容体に作用し催眠効果が中心
  • ベンゾジアゼピン系→ω1・ω2受容体に作用し、催眠・抗不安・筋弛緩・抗けいれんの効果をあわせ持つ

『ベンゾジアゼピン系』『非ベンゾジアゼピン系』と言われても、「何がどう違うの??」と思われる方も多いのではないでしょうか?

ベンゾジアゼピン系は、睡眠薬や抗不安薬の多くを占めるお薬の系統です。脳のベンゾジアゼピンという受容体にお薬がくっつくことで、脳をリラックスさせるGABAの働きを高め、催眠や抗不安作用を発揮します。

非ベンゾジアゼピン系は「非」とついていますから、「ベンゾジアゼピン系ではないお薬」ということになりますが、実はこちらのお薬も、ベンゾジアゼピン受容体には作用するのです。

では、なにが違うのかというと、ベンゾジアゼピンには

  • ω1
  • ω2

と2つの受容体があるのですが、ベンゾジアゼピン系が両方の受容体に作用するのに対し、非ベンゾジアゼピン系はω2へはほとんど作用しません。

  • ω1は、催眠
  • ω2は、抗不安・筋弛緩・抗けいれん

に関与しているため、様々な作用を及ぼすベンゾジアゼピン系に対し、ω1へ選択的に作用する非ベンゾジアゼピン系はシンプルな睡眠薬として働くのです。

ベンゾジアゼピンが催眠効果などを発揮するメカニズムについて詳しくは、ベンゾジアゼピン系』って何?睡眠薬や抗不安薬の作用の仕組みをお読みください。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のメリット

それでは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のメリット・デメリットをみていきましょう。まずはメリット(良い面)からです。

  1. 睡眠が深くなる
  2. 翌朝の眠気やふらつきなどの副作用が少ない
  3. 依存性が少ない

①睡眠が深くなる

ベンゾジアゼピン系睡眠薬と異なるメリットの1つ目は、睡眠が深くなる作用があることです。

ベンゾジアゼピン系が睡眠を浅くしてしまうことがあるのに対し、非ベンゾジアゼピン系では深い睡眠を増やす作用があります。

②依存性が少ない

非ベンゾジアゼピン系も依存性がないわけではありませんが、ベンゾジアゼピン系睡眠薬に比較したときには、依存が形成されにくいことが報告されています。

ただ、マイスリーなどは精神科以外でも安易に処方されることも多いため、ときに乱用されることがあります。乱用すれば依存や副作用も強く出てしまいますので、用法・用量は必ず守るようにしましょう。

③翌朝の眠気やふらつきなどの副作用が少ない

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、睡眠だけに作用するように作られていますので、筋弛緩作用や抗不安作用がわずかです。

このため、ふらつきなどの副作用が少なく、転倒などが心配な高齢者の方にも使いやすいお薬です。また、作用時間が短いため、翌朝に眠気が残ってしまうこともあまり起こりません。

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のデメリット

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のメリットをみると、「良さそうなお薬だ」と感じた方も多いのではないでしょうか?たしかに、安全性の面ではベンゾジアゼピン系に勝るとも言われていますが、やはり、デメリット(悪い面)もあるのです。

  1. 効果が中等度
  2. 種類が少なく超短時間型しかない
  3. 健忘の副作用が多い

①効果が中等度

副作用がマイルドなお薬は、効果もマイルドです。このため、頑固な不眠がある方には効果がみられないことがあります。

②種類が少なく短時間型しかない

数多くの作用時間や強さから選べる種類豊富なベンゾジアゼピン系に対し、日本で使える非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は

  • マイスリー
  • アモバン
  • ルネスタ

の3種しかなく、どれも超短時間型です。

ですので、「寝つきが悪い」という方には有効ですが、中途覚醒や早朝覚醒がある方には効果が認められないことがあります。

3種の効果や作用時間の比較を知りたい方は、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の効果・作用時間の比較をお読みください。

健忘の副作用が多い

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬はベンゾジアゼピン系よりは副作用が少ないのが特徴ですが、超短時間型の睡眠薬は健忘の副作用が出やすいので注意が必要です。

健忘とは、睡眠薬を服用した後の記憶が飛んでしまうことです。

朝起きると自分でも全く覚えていないのに、お菓子の袋が散らかっていたり、友達に電話したり…などがおこることがあります。

副作用について詳しくは、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用と対策をお読みください。

まとめ

非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は、依存性や副作用が少なく、使いやすいお薬です。

しかしその一方、種類が少なく「寝つきの悪さ」に特化した超短時間型しかないため、頑固な不眠や中途覚醒にはあまり効果が認められないことがあります。

また、気軽に処方されることが多いためか、ときに乱用されることがあります。依存性や副作用は軽減されているとはいえ、基本の仕組みはベンゾジアゼピン系睡眠薬と変わりません。用法・用量を守って正しく使うようにしましょう。

こころみ医学 - 内科の症状 - 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のメリット・デメリット