院長ブログニュース

診療にあたって大切にしたいこと

  • 更新日:2019年05月07日 14:56
  • 作成日:2017年10月30日 14:21

お陰様で開院して半年を迎えました。

 

元住吉こころみクリニックは、平成29年4月3日より診療を開始させていただきました。

 

お陰様で本日、産声をあげてから半年を迎えることができました。この半年間、私たちが貢献できる医療はどのようなものなのか、試行錯誤しながら歩んできました。その想いが届いたのか、多くの患者様にお越しいただけるようになり、1日100人を超える患者様にお越しいただける日もございました。

 

私たちのクリニックでは、患者様のニーズを大切にしながらも、希望される方には「しっかりと検査し、しっかり診断し、しっかり治療する」という方針を大切にして行きたいと思います。総合病院で行ってきた診療を、クリニックでも実践していきたいと考えております。

 

ですから私たちのクリニックは、診察室と処置室を行き来することが多いかもしれません。非効率で時間がかかってしまうとお感じになるかもしれません。

 

ですがこれらは大切なことで、検査の結果によっては、その後に疑う病気や必要な検査は変わってきます。患者様からみると必要なさそうに思えても、検査をおすすめすることもあります。

 

例えば呼吸機能検査を行うにあたっては、結核や肺炎は否定しないといけません。ですからレントゲン写真をとって、しっかりと診断してから実施します。

 

私たちのクリニックでは必要な検査をしっかりと実施、それに基づいた診断を行います。診断を確定してから治療をしっかりとすすめていきます。患者様から質問があれば、すぐに根拠をこたえられる医療を心がけていきます。