お知らせニュース

【当院の方針】新型コロナウイルスワクチンの接種が開始された場合

  • 更新日:2021年03月04日 12:54
  • 作成日:2020年12月03日 17:55

※新型コロナウイルス予防接種につきましては、お電話でのお問い合わせにはお応えしておりません。ホームページで随時、発信していきます。ワクチンが確保できているわけではなく、こちらは現時点での当院の方針のみになります。どうぞご理解のほどよろしくお願いします。

新型コロナウイルス感染症が流行する中、当院は慢性疾患の患者様が多いために、新型コロナウイルスの検査などは実施しておりません。かかりつけ患者様を大切にさせていただくため、ワクチンをできるだけ優先的に確保する努力をいたします。

新型コロナウイルスワクチンの開発がすすみ、日本にも流通が予想されているファイザー社のワクチンがイギリスで12月2日承認となりました。

ワクチンの供給については改正予防接種法が成立し、

  • 国が全額費用負担
  • 市町村が実施主体

となっています。おそらく市町村から医師会などに委託され、私たちのようなかかりつけ医療機関において、新型コロナウイルスワクチンが公費扱いで接種開始となることが予想されます。

当院としては、インフルエンザワクチンと同様に優先順位をつけて接種をさせていただく予定です。

  1. 行政が要請する対象患者様(おそらく高齢者やハイリスク患者※まだ未確定です
  2. 当院に慢性疾患でかかりつけの患者様(1~2か月ごとの受診)
  3. 当院に一度でも受診された患者様
  4. 初診の患者様

こちらの順番で優先順位をつけさせていただきます。実際にはどのような流通になるかは不透明ですが、おそらくインフルエンザワクチンの実績ベースに卸業者から各医療機関に配分されることが予想されます。

当院グループは3医療機関ございますので、全力をあげて確保に努めたいと考えています。本年度はインフルエンザワクチンの希望者が非常に多かったのですが、お陰様で最後までワクチンをきらさずに実施することができそうな見通しになっています。基本的に前年度の実績ベースで入荷いただくのですが、日ごろから良くしてくださっている卸業者様の力添えあってのことでした。

新型コロナウイルスワクチンについても、同様に確保に努め、とくにかかりつけの患者様には安心していただけるようにしていきたいと考えております。

最後に、かかりつけ患者様対象に、12月1日より発熱電話診療を開始しています。電話にて診療させていただき、医師が診察させていただきます。

  • 自宅で経過観察の場合→対症療法(処方箋を薬局にFAX)
  • コロナの精査が必要な場合→近隣発熱外来へ紹介状作成

とさせていただきます。発熱外来を受診すること自体の感染リスクもありますので、当院では感染対策がバッチリな近隣総合病院の発熱外来をご紹介させていただきます。(※もちろん患者さんの意向もお聞きします)

詳しくは、『【かかりつけ発熱外来】電話初診のご案内』をお読みください。