自動血圧計診療内容/当院の検査・超音波検査

当院の自動血圧計

 

当院では、自動血圧計が内科待合室と心療内科待合室の間に置いてあります。

 

測定は自由にできますし、結果もその場ですぐにプリントアウトされます。どなたでも測定できますので、ぜひ一度測定してみてください。

 

血圧を測定してみて結果に不安がございましたら、受診の際に遠慮なく医師にご相談ください。

自動血圧計の測定方法

測定方法はいたって簡単です。椅子に腰かけていただき、リラックスしてください。足などは組まないでください。

 

測定するポイントが心臓の高さになる必要がありますが、当院の自動血圧計では、椅子に合わせて適切な位置に調節してあります。

 

そして腕を筒に入れてください。その際に、厚手の上着を着用されている方は脱いでください。ワイシャツ程度でしたら、そのままでも大丈夫です。

 

用意ができましたら、青の測定開始ボタンを押してください。途中で気分が悪くなってしまったら、同じ青の停止ボタンを押すか、赤の緊急停止ボタンを押してください。

血圧を測定する目的

血圧は非常に重要な項目です。血圧では、心臓から血管に流れる圧を測定しています。もし血圧が高いと血管に負担がかかってしまいます。そして血管は、全ての臓器に栄養や酸素を送るためつながっています。

つまり血圧が高い状態が続くと、血管だけではなく全ての臓器に障害が加わります。特に影響を受けやすいのが、

  • 心臓(心不全、心筋梗塞、狭心症)
  • 腎臓(高血圧性腎不全)
  • (脳出血)

です。そのため高血圧かどうか調べることは、病気の発症予防のために大切な検査になります。

しかしながら血圧は、病院で測定すると高くなってしまう方もいらっしゃいます。こういった現象を、白衣高血圧といったりします。

ですから高血圧と感じた方は、日常生活の中で血圧を測定すること(家庭血圧)をおすすめします。受診される前に家庭血圧を測定いただければ、治療をワンステップ早く行うことができます。

とはいっても、血圧があまりに高い場合は、その日から降圧薬などのお薬を処方することもあります。血圧が高くてご心配な方は、気軽にご相談ください。

一方で、「血圧が低ければ低いほどよい」というわけではありません。血圧が低いということは、

  • 血管内の血液量が少ない(脱水、出血)
  • 心臓の機能が低下している(心原性)
  • 血管が拡張している(神経性、感染性)

などが考えられます。血圧は高すぎても、低すぎてもいけません。血圧が低い場合は、治療よりもまず原因を考える必要があります。

 

このように血圧は、病気を見つけるひとつのきっかけになります。待ち時間の際に気軽に測定していただき、気がかりなことがございましたら医師にお伝えください。

 

また症状によっては、当院から血圧の測定をお願いする場合があります。

  • 血圧が高い突然の頭痛→脳出血疑い
  • 発熱で食事摂取ができず血圧が低い場合→脱水およびショックの疑い

など、重度な状態かどうかを確認する指標になります。

当院では患者さまをできるだけお待たせしない快適な医療のために、予約システムを導入しています。

ネットから簡単に翌日以降の時間予約が可能です。

お電話でのお問い合わせはこちら

診療時間

 
9:0013:00
15:0020:00

★:日曜日は14:00~18:00まで
休診日:祝日

※受付は、診療終了時間の15分前までとなります。

詳しくはこちら

アクセス

神奈川県川崎市中原区木月1-28-5 メディカルプラザD元住吉3階

東急東横線・目黒線元住吉駅西口より徒歩3分

詳しくはこちら

  • 医者と学ぶ 心のサプリ
  • 「こころ」と「からだ」の情報配信! cocoromi’s blog
  • 一緒に働きませんか? スタッフ募集
  • Facebookシェア twitterシェア