自律神経失調症こころみ医学

自律神経失調症に効果的な漢方薬とは?

  • 更新日:2020年08月12日 12:30
  • 作成日:2020年08月12日 12:30

自律神経失調症に効く漢方薬って?

「こころ」と「からだ」の両方に様々な症状がおきる自律神経失調症。その治療には全身のバランスを整える漢方薬が助けになることがあります。

一般的には「からだ」の治療に使うイメージのある漢方薬ですが、中には不安や緊張など「こころ」の症状を和らげる効果が期待できるものもあるのです。

病院やクリニックで自律神経失調症の治療に使う漢方薬には、どのような種類があるのでしょうか。

漢方薬を治療に使う時の注意点

「自律神経失調症にはこの漢方が効くらしい」と聞くと、すぐにでもそれを試してみたくなる方もいるかもしれません。

しかしながら、漢方薬は体質や病状の出方によって合うものが異なり、どれが効果的かには個人差があります。「自律神経失調症には○○という漢方薬」と決まっているわけではなく、患者さんそれぞれの状態に応じて選ぶことがとても大切です。

また、漢方薬には副作用がないと誤解されていたりするのですが、普通のお薬と同じで副作用や飲み合わせ、禁止事項などもあります。

本来、漢方薬は漢方独自の「証(体質や身体の反応などの状態)」に合わせて処方をするものです。

一般的なクリニックや病院では、本格的な証の診断は困難とはいえ、「証」の考え方を下地にして患者さんを診るかどうかで、効果的な処方ができるかどうかも違ってきます。

体質に合わない漢方薬は逆効果になってしまうこともあるため、注意しましょう。

「証」について詳しくは、漢方の「証」についてをお読みください。

自律神経失調症に効果のある漢方薬

上でお伝えしたとおり、漢方薬の相性は人それぞれで、「自律神経失調症にはこの漢方!」というものがあるわけではありませんが、自律神経失調症で使われることの多い漢方薬、とくに「こころ」の症状に強いものをご紹介します。

①桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

  • 適応:体質の虚弱な人で疲れやすく、興奮しやすいものの諸症
  • 証:陰陽(陰)・虚実(虚)・寒熱(中)・気血水(気逆)

ストレスによって神経が高ぶったり、消耗している状態に効果のある漢方薬です。自律神経失調症の中でも不安が強く、神経衰弱している患者さんによく使われます。

②柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

  • 適応:体力が弱く、冷え症、貧血気味で、動悸や息切れがあり、神経過敏のものの諸症
  • 証:陰陽(陰)・虚実(虚)・寒熱(寒)・気血水(気うつ・気逆)

柴胡桂枝乾姜湯は、不安へのとらわれが強く、動悸が激しい自律神経失調症の患者さんに使われます。体力が低下している方に向いていて、身体を温めることで体力を補います。

③柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

  • 適応:精神不安があって、動悸、不眠などを伴う諸症
  • 証:陰陽(陽)・虚実(中~実)・寒熱(熱)・気血水(気うつ・気逆)

柴胡加竜骨牡蛎湯は、漢方薬の中では効果の強いものになります。比較的体力がある方に用いられる漢方薬で、虚弱体質な方には向きません。神経が過敏になっていて、動悸や不眠が強い自律神経失調症の患者さんに使われます。

④半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

  • 適応:気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う諸症
  • 証:陰陽(中)・虚実(虚~中)・寒熱(寒~中)・気血水(気うつ)

半夏厚朴湯は、気がとどこおる「気うつ」の代表的な漢方です。何かが使えた感じがする時に効果的で、とくにヒステリー球とよばれる喉の違和感に使われます。息苦しさがあったり、胸や喉につかえがあるような自律神経失調症の患者さんに使われることが多いです。

⑤加味逍遥散(かみしょうようさん)

  • 適応:体質虚弱な婦人で、肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、ときに便秘の傾向のある諸症
  • 証:陰陽(陰)・虚実(虚)・寒熱(寒)・気血水(血虚・瘀血・気逆)

加味逍遥散は、女性に使われることが多い漢方薬です。不安や緊張、イライラを鎮めるだけでなく、血の巡りを改善する作用があるため、月経トラブルや更年期障害にもよく使われています。体力が低下していて冷えのある、女性の自律神経失調症の患者さんに向いています。

⑥加味帰脾湯(かみきひとう)

  • 適応:虚弱体質で血色の悪い人の諸症
  • 証:陰陽(陰)・虚実(虚)・寒熱(中)・気血水(血虚・気虚)

加味帰脾湯は虚弱な体質を改善して、貧血や心身疲労を改善させる作用があります。また、不安や緊張、イライラや抑うつなどを抑え、寝つきをよくしてくれます。疲労感が強い自律神経失調症の患者さんに使われる漢方薬です。

⑦抑肝散(よくかんさん)

  • 適応:虚弱な体質で神経がたかぶるものの諸症
  • 証:陰陽(中間)・虚実(虚~中間)・寒熱(中間)・気血水(血虚・気逆)

抑肝散は、イライラや興奮を抑える代表的な漢方薬です。神経の高ぶりを抑えてくれるだけでなく、筋肉の緊張もゆるめてくれます。自律神経失調症の患者さんでは、発作的な落ち込みや怒りによって興奮が強い方に使われます。

⑧黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

  • 適応:比較的体力があり、のぼせぎみで顔色赤く、いらいらする傾向のある諸症
  • 証:陰陽(陽証)・虚実(実証)・寒熱(熱証)・気血水(水毒・気逆)

黄連解毒湯には、神経が過敏な状態を鎮める効果が期待できます。比較的体力のある人が、イライラして不安や不眠が認められる時に使われます。

⑨桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

  • 適応:比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせて足冷えなどを訴える諸症
  • 証:陰陽(陽証)・虚実(実証)・寒熱(中間)・気血水(気逆・瘀血)

桂枝茯苓丸は、女性ホルモンの関連する自律神経失調症によく使われます。身体を温め、気と血の巡りをよくしてくれることで、筋肉の緊張を緩和し気持ちも落ち着かせます。比較的体力がある人に向いている漢方薬です。

⑩当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

  • 適応:筋肉が一体に軟弱で疲労しやすく、腰脚の冷えやすいものの諸症
  • 証:陰陽(陰証)・虚実(虚証)・寒熱(寒証)・気血水(血虚・水毒)

当帰芍薬散は、女性ホルモンのバランスの乱れによる自律神経失調症に対して効果が期待できます。血の巡りをよくして、余計な水分を整えることで効果がみられ、妊娠中の抗不安薬として使われることも多い漢方薬です。

まとめ

自律神経失調症には、漢方薬が強みを発揮してくれることがありますが、体質や病態に合ったものを使うことが大切です。また、副作用や飲み合わせなどもありますので、飲むときは医師や薬剤師さんに相談してください。

漢方薬の副作用について知りたい方は、漢方薬の副作用についてをお読みください。

こころみ医学 - 内科の症状 - 自律神経失調症に効果的な漢方薬とは?