検査その他のサービス

心エコー(超音波検査)

心エコー(超音波検査)とは?

超音波検査(エコー検査)は、人の耳には聞こえない高い周波数の音波を利用した検査方法です。

音を利用した検査ですので、安全性が高く、身体に悪い影響のない検査になります。そして画像でみてわかるため、リアルな体の中の動きをみることのできる検査になります。

手のひらサイズのプローブから高周波のオンオアを体内に送り、その反射波から臓器の大きさや形状、リアルタイムでの動きを確かめることができます。その一方で、検査者のスキルが問われる検査になり、技術力が求められる検査になります。

当院の機械ではすべてのエコー検査を行うことができますが、現時点で自信をもって提供できる心臓エコー検査のみを行っています。心臓のリアルな動きを確かめることができ、また様々な計測機能によって、心臓の異常を確かめることができます。(すべてを計測できる高グレードの機械を導入しています)

心臓の専門家である循環器内科医が、診察の中で直接行っております。2名の循環器内科医が在籍しておりますので、担当医表をご確認ください。

心エコーから分かる病気

心臓のエコー検査(心エコー)では、超音波を利用することで、

  • 心臓の機能
  • 心臓の形態

をリアルタイムに評価することができます。

これによって、

  • 心不全
  • 虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)
  • 心臓弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症など心臓の弁トラブル)
  • 心拡大
  • 先天性の心臓病

などがわかります。

症状では、

  • 高血圧
  • 不整脈
  • 胸痛
  • 心雑音
  • 足のむくみ
  • 息切れ
  • 心電図異常

などが認められた時に、有効な検査になります。

繰り返しになりますが音を利用した検査なので、レントゲンやCTなどのような放射線被ばくもないですし、妊婦さんの定期健診で使われるように、繰り返し行っても問題のない検査になります。

心エコーの画像の紹介です。

心エコーの疾患例で、大動脈弁閉鎖不全症のエコー画像です。

心エコーの流れ

心臓エコー検査は、循環器内科医の診療時間に行っております。現在は、

  • 木曜終日
  • 土曜第2/4AM

となります。

  1. 循環器内科外来を受診ください。
  2. 診察の中で、まずは検査の必要性を検討させていただきます。心臓エコー検査が有用な場合は、診察室にて検査を行います。
  3. 検査中に画像を確認しながら、説明させていただきます。
  4. 検査画像をご希望の方は、担当医に申しつけください。(その場でプリントアウトします)

心エコーの料金

心臓エコー検査は、健康保険の適応になる検査です。このため診療報酬は医療機関で一律に決められていて、どの医療機関でも同じ金額になります。

  • 心臓エコー検査:880点(8,800円)

こちらの金額に自己負担額(1割~3割)を乗じたものが、純粋な検査にかかる費用になります。ですから心エコー検査は、880~2,640円となります。技術力が必要になる検査であることに加え、検査機器が高額であるため、この金額となっています。

窓口ではこの金額に、医師の診察料や病気の管理料などが加わって、患者様が窓口でお支払いする料金となります。

臨床検査技師が行う医療機関も多いですが、当院では経験豊富な循環器内科医が直接エコー検査を行わせていただきます。