【毎日対応】小児科でのHPVワクチン接種【婦人科でも】

平成9~19未成年の女性のなかには、HPVワクチンの定期接種を十分に接種できていない方がいらっしゃいます。

HPVワクチンの安全性に関わる不正確な情報が広まっていた時期で、その際に接種を逃してしまった女性に対して、キャッチアップ接種が2025年3月まで無料となっています。

こちらのワクチンが、半年のうちに3回接種となりますので、実質的には9月ごろまでに1回目を接種する必要があります。

通常は小学6年生から高校1年(相当)までの女子を対象に、国の定期予防接種としてHPVワクチンを無料でうけることができます。

当院では婦人科はもちろんのこと、小児科でも毎日HPVワクチンを接種することが可能ご相談ください。

HPVワクチンについて

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。
上野御徒町こころみクリニックでは、血液患者さんの治療と社会生活の両立を目指し、大学病院と夜間連携診療を行っています。
医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP (株)こころみらいHP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

投稿日:2024-07-02