お知らせニュース

【ワクチン予約】新型コロナワクチン予防接種の予約ページ

  • 更新日:2021年09月25日 10:59
  • 作成日:2021年04月22日 18:05

当院では現在、新型コロナウイルスワクチン予防接種のお電話や窓口での予約・お問い合わせ対応は行っておりません。

当法人では、従来のクリニックでのワクチン接種に加えて、ブレーメン通り商店街の協力をいただき、9月より地域接種を開始しました。

  • 元住吉院:週110人程度
  • 武蔵小杉院:週150~180人程度
  • 住吉神社地域接種会場:週1000人~

新型コロナワクチン予防接種も終盤となってきて、予約調整を開始しています。3回目の接種必要時もかかりつけ患者様、地域の皆様を優先して接種を進めてまいります。詳細につきましては、「【住吉神社】コロナワクチン地域集団接種のご案内」をご覧ください。

元住吉こころみクリニックの患者様へ

元住吉こころみクリニックでは、元住吉WEB予約システムにて、元住吉院かかりつけ患者様に限定して、新型コロナワクチン予防接種の予約を実施しています。

ワクチン予約枠オープン情報、集団接種情報など、公式LINEで配信しています。当院に受診歴ある患者様は、ぜひLINEお友達登録をお願いします。

   友だち追加

当院に受診歴のある患者様を優先してご案内させていただきますので、よろしければ当院をかかりつけ医療機関にご利用ください。

元住吉・武蔵小杉こころみクリニックの患者様へ

まずは住吉神社での地域予約枠をご確認いただき、空きがございましたら予約ください。キャンセル待ちにご登録いただけますと、優先的にご案内させていただきます。

患者様のご家族の方は、診察券番号の入力欄に「ご家族の方の診察券番号(家族)」とご入力いただきますと、キャンセル待ちの中から優先してご連絡させていただきます。接種希望会場を「どちらでも可」にしていただけますと、ご案内しやすくなります。

(※報道もされていますが、ワクチン確保が不安定となっており、現在予約枠を制限しております。このため、かかりつけ患者様を優先してご案内させていただきますが、ご案内出来ない可能性もありますことご理解ください。)

当院初めての患者様へ

当院に受診歴のない患者様につきましては、

をご利用ください。

(2回目のご予約は確約しますが、3週間後ピッタリではないこともありますのでご理解ください。)

ワクチン接種当日のお願い

すでに予約いただいている患者様のキャンセル待ちエントリーはお控えください。

また1回目のワクチン接種当日に、2回目の予約日を院内でお取りします。原則的に3週間後に予約を取らせていただきますが、日時は前後してしまうことがございます。

融通が効きずらくなってしまいますが、ワクチンは6人分単位で管理しなくてはならず、無駄をなくすためにご協力お願いします。

当日は、

  1. 接種券
  2. 記入済予診票
    ※予診票太枠内を記入の上、接種券は添付せずに持参、来院ください。
  3. 身分証(保険証もしくはマイナンバーカード、運転免許証)

以上の3つを必ずご持参ください。

また肩に注射をさせていただきますので、半袖など肩を出しやすい服装ご準備をお願いします。

公式LINEアカウント開設

公式LINEアカウントを開設しました。

ワクチン予防接種の最新情報をご案内、キャンセル待ちの受付を行っています。(登録後、「今季のお知らせ」をタップしてください。)

あまり頻繁な発信はせず、季節ごとの治療の案内や、多くの方に有益な情報をお届けできればと考えております。

ぜひご登録をお願いします。

   友だち追加

かかりつけ患者様優先接種

かかりつけ患者様を優先的に接種しております。

当院に受診歴のある患者様を優先してご案内させていただきますので、よろしければ当院をかかりつけ医療機関にご利用ください。

  • 元住吉院
    月~日→かかりつけ患者さまのみ

    金曜日に集中的に実施(翌日土曜日でお休みの方が多いため)
  • 武蔵小杉院(2院)
    火~土→一般公開・かかりつけ患者様枠

どうぞご理解のほど、よろしくお願いします。

ワクチン接種体制について

当法人では、

  • 元住吉こころみクリニック
  • 武蔵小杉こころみクリニック
  • 東京横浜TMSクリニック

にて新型コロナワクチン予防接種を行っています。。

3施設でワクチンを確保し、かかりつけ患者さんに優先的に接種していく運用体制としています。

神奈川県連携型接種施設A認定

2月26日、神奈川県より当院が連携型接種施設Aに認定(川崎市38施設)されたという通知がまいりました。

当院のスタッフだけでなく、地域の医療従事者の接種も担当させていただきました。総合病院と連携しながら、概ね100人以上の地域医療従事者を目安に接種させていただく施設として、神奈川県より認定をうけました。

3回目の接種となりましたら、医療従事者の方へのワクチン接種を行ってまいります。

ディープフリーザ―・メディカルバイオフリーザー導入

当院では、

  • 元住吉院:ディープフリーザ―(-80℃)
  • 武蔵小杉院:メディカルバイオフリーザー(ー28℃)

を導入しています。

どちらの冷蔵庫も、国の確保リストに入ってる型番になりますので、医療用として安心した品質管理が可能です。

新型コロナウイルスワクチンは超低温での管理が必要とされてきましたが、現在は管理が緩められてきました。

当院ではディープフリーザで直前まで管理し、近くなりましたらメディカルバイオフリーザーに移し、前日に通常冷蔵庫で解凍していく形をとっています。

新型コロナウイルスワクチンは時間制限もあり、光にも弱いという特徴があります。品質管理に努めてまいります。

高齢者対象のワクチン接種について

高齢者対象のワクチン接種につきまして、川崎市では5月10日より開始となりました。

当院ではこれまでの実績や診療体制の充実、待合スペースの広さ、ワクチン管理体制を評価いただき、ワクチン確保が行いやすくなります。

かかりつけ患者さんを最優先できるよう、可能な限り努力してまいります。

ワクチンは一度用意してしまうと6時間以内に接種する必要があります。なるべく無駄にしないように、キャンセル待ちなどの運用を行っており、エントリーフォームがございます。

キャンセル待ちのエントリーフォーム

ワクチンに対する当院の方針

新型コロナワクチンの予防接種におきましては、当院は地域社会貢献のために最大限努力してまいります。

正直に申し上げると、15分~30分の待機場所や人材確保、煩雑な事務手続きなどスタッフへの負担を考慮すると、現状の診療報酬ではかなり苦しいものがあります。(その後に診療報酬の補助が決定し、かなり助かっております。)

当法人としては、「ワクチンこそが新型コロナウイルスの混沌を抜け出すために最も社会的意義があること」と考えており、最大限の努力をしようと、スタッフ皆で取り組んでおります。

コロナ禍での診療は、多くの選択肢がありました。

  • コロナウイルス抗体検査
  • PCR検査
  • 発熱外来
  • コロナワクチン予防接種

私たちは「かかりつけ患者さんを大切にする」といいう基本方針をぶらさず、できることを行ってきました。

残念ながら医療モールの3階という場所の問題で、発熱外来などは行うことができませんでした。

新型コロナウイルス予防接種は、かかりつけ患者さんにも地域社会にとっても、非常に重要なミッションです。

スタッフ一同、精一杯頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

【元住吉院のディープフリーザ―】

新型コロナワクチン用のディープフリーザ―の画像です。

 

【武蔵小杉院のメディカルフリーザー】

当院に導入したバイオフリーザー