鼻茸

鼻茸は自然に治る?鼻茸の原因と治療について解説

鼻茸とは

鼻茸(はなたけ)とは、鼻や副鼻腔の粘膜が慢性的な炎症によりポリープ状、つまりキノコのような形になってしまったもののことです。アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎が原因で発生することが多く、成人に多くみられる病変です。

鼻茸についての記述は、古くはヒポクラテスの時代にさかのぼるとも言われており、古代から人を悩ませてきた疾患ともいえるでしょう。

今回の記事では、鼻茸の原因や症状、そして治療法について詳しく解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

鼻茸の原因

それでは、まずは鼻茸の原因について述べていきます。

まず、鼻茸はキノコのような形をしていますが、どのような構造なのかについて簡単に述べます。

鼻茸の表面は、多列線毛上皮(たれつせんもうじょうひ)という細胞でおおわれています。そして、より深い部分は著しい浮腫、つまりむくんだ部分と一部線維化した部分からなっています。血管の成分はほとんどなく、多数の好中球や好酸球などの細胞が存在しています。また、ポリープの根元の部分である茎部(けいぶ)は線維が密になった構造をしており、線維にそって血管が入り込んでいます。

そして、鼻茸は鼻の奥にある副鼻腔という空洞内部にできる良性のポリープ、つまり腫れものとなります。主な原因には、以下のようなものが挙げられます。

アレルギー性鼻炎

アレルギー反応によって鼻の粘膜が炎症を起こし、長期間にわたる刺激によって鼻茸が形成されることがあります。

慢性副鼻腔炎

副鼻腔の炎症が慢性化すると、粘膜が肥厚し、ポリープが形成されることがあります。

アスピリン喘息

アスピリンや非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に対するアレルギー反応が関係することがあります。

真菌感染

真菌、つまりカビの感染が原因で副鼻腔炎が起こり、それが鼻茸の形成につながることがあります。

免疫系の異常

免疫系の機能不全が関係している場合もあります。例えば、Cystic fibrosisという病気の患者さんの場合には、身体のいろいろな部分がむくんでしまうのですが、それが鼻の粘膜にも起こり、鼻茸ができる場合があります。

鼻茸の症状

鼻茸の症状には、以下のようなものがあります。

鼻詰まり

鼻茸が鼻の通り道を塞ぐことで、鼻が詰まった感じがします。

鼻水

透明な鼻水が出ることが多いですが、場合によっては黄色や緑色の鼻水が出ることもあります。

嗅覚の低下または喪失

鼻茸が嗅覚を担う部位を圧迫することで、匂いが分かりにくくなったり、全く感じられなくなったりします。

頭痛

鼻茸が副鼻腔を圧迫することで、顔や頭に痛みが生じることがあります。

顔面の圧迫感

鼻茸による圧迫で、顔の一部に重だるさや圧迫感を感じることがあります。

鼻声(はなごえ)

鼻茸が鼻腔を塞ぐことで、声が鼻にかかったように聞こえることがあります。

頻繁にくしゃみが出る

鼻茸が鼻粘膜を刺激することで、くしゃみが増えることがあります。

後鼻漏(こうびろう)

鼻の奥から喉にかけて粘液が流れる感じがすることがあります。

症状の程度は個人差があり、鼻茸の大きさや数、発生している場所によっても異なります。

鼻茸の診断

鼻茸かどうかは、上記のような症状があり、かつ実際に耳鼻科医などが目で見て、その特徴的な見た目から診断されることが多いと考えられます。しかしながら、外見だけでは性状がわからない場合には、生検(せいけん)といって、実際に少し鼻茸の組織を採取し、病理学的に調べる検査が行われる場合もあります。

鼻茸は自然に治るのか

鼻茸の原因が副鼻腔炎などの炎症であれば、感染が治まれば鼻茸が消える可能性もあります。そして、症状も、鼻茸の程度が軽ければ一時的に改善することもあります。

しかし、鼻茸が出来ている根本的な原因が、アレルギーなど解決されない限り再発する可能性が高いと考えられます。そのため、適切な治療が必要となります。

鼻茸の治療

鼻茸の治療には、以下のような方法があります。

薬物療法

抗アレルギー薬やステロイド薬(点鼻薬や内服薬)を使用して炎症を抑えます。

手術療法

薬物療法で改善が見られない場合や、鼻茸が大きい場合には内視鏡を使用した手術(内視鏡的副鼻腔手術)が行われることがあります。

鼻茸が小さく、副鼻腔炎のような所見もなく、また患者さんが特に症状を訴えていない場合には、経過観察のみでよいという考え方もあります。一方、鼻茸による症状があるか、副鼻腔炎所見を伴っている場合には、手術療法の適応となる可能性があります。

アレルゲン免疫療法

アレルギーが原因の場合、アレルゲン免疫療法(舌下免疫療法など)が効果的な場合もあります。

まとめ

鼻茸は自然に治ることはまれで、放置すると日常生活に支障をきたすことがあります。

鼻づまりなどの症状が続く場合には鼻茸が出来ている可能性もあります。

症状が続く場合には、早めに耳鼻科を受診して適切な診断と治療を受けることが大切です。一度、耳鼻科を受診するようにしましょう。

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。

クリニック一覧

医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

カテゴリー:よくある耳鼻科の症状  投稿日:2024-05-31

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

声枯れ

声が枯れる原因は?対処法や治療法について医師が解説 声が枯れると、日常生活に支障をきたすだけでなく、コミュニケーションや仕事にも影響を及ぼします。今回の記事では、声が枯れる原因や具体的な症状、治療法などについて詳しく解説… 続きを読む 声枯れ

カテゴリー:よくある耳鼻科の症状  投稿日:

耳詰まり

耳が詰まった感じがするのはなぜ?原因と対処法について医師が解説 はじめに 耳がつまった、耳がふさがった、さらに耳が何かにおおわれた、というような感覚を、耳閉感(じへいかん)といいます。耳づまりともいい、多くの人が感じたこ… 続きを読む 耳詰まり

カテゴリー:よくある耳鼻科の症状  投稿日:

聴覚過敏

日常の音が苦痛になる?聴覚過敏の原因や対策について医師が解説 聴覚過敏とは 聴覚過敏(Hyperacusis)は、通常は問題を引き起こさないようなレベルの音でも、耐え難く感じられる状態を指します。 聴覚異常感の中でも、耳… 続きを読む 聴覚過敏

カテゴリー:よくある耳鼻科の症状  投稿日:

人気記事

【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

喘息の長期管理薬とは? 喘息は、気道に慢性炎症が起きて狭くなっている状態です。それが引き金となって気道が過敏になり、ちょっとしたきっかけで咳や息苦しさをくり返します。 喘息の治療は、 炎症を抑え、喘息の悪化や発作を予防す… 続きを読む 【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

カテゴリー:喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)  投稿日:

SGLT2阻害薬の効果と副作用

SGLT2阻害薬とは? SGLT2(エスジーエルティー・ツー)阻害薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、膵臓ではなく腎臓に作用することで血糖値を改善する働きがあります。 SGLT2は腎臓に存在する… 続きを読む SGLT2阻害薬の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

ノイロトロピン注射の効果と副作用

ノイロトロピン注射とヒスタグロビン注射 花粉症の注射で調べると、敷居が高いステロイドや効果が出るのに時間がかかる減感作療法が並ぶと思います。即効性がありながらも安全性の高い注射を探されている方にお勧めなのがノイロトロピン… 続きを読む ノイロトロピン注射の効果と副作用

カテゴリー:アレルギーの注射剤  投稿日: