循環器内科外来内科

循環器内科外来とは?

「動悸がする」「胸が痛い」といった症状があると、怖い病気があるのではないかと心配してしまうかと思います。

  • 心臓の状態をしっかりと調べたい
  • 不整脈がないか調べたい

そんなときは循環器内科でご相談いただくと、その症状の原因を調べて、安心していただけるかもしれません。

当院では、2名の循環器内科専門医が診療を行っています。(※不在となる曜日もありますので、担当医表をご確認ください。)

循環器疾患とは、血液を全身に循環させる心臓や血管などにトラブルが起きてしまう病気になります。代表的な病気としては、高血圧や心不全、不整脈などが挙げられます。心疾患は、日本における死因の第2位になります。

血圧を含めて生活習慣病を管理することで動脈硬化を予防し、心臓や脳といった重要な血管のトラブルを防ぐことは重要です。このため当院の循環器外来では、生活習慣病全般も診療しています。

循環器内科で診療している病気

循環器内科外来では、心臓や血管に起こる病気を全般的に診療していきます。

  • 高血圧
  • その他生活習慣病(糖尿病脂質異常症
  • 不整脈
  • 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
  • 心臓弁膜症
  • 大動脈瘤・大動脈解離

など、心臓や血管に関係する不調がある方はご相談ください。

症状としては「動悸」「胸痛」を中心に、不整脈や心疾患などが疑われる場合は検査をおすすめしています。ホルター心電図や心エコー検査も実施できます。

「息切れ」や「むくみ」といった症状も、循環器の病気であることが少なくありません。当院では、関係性の深い呼吸器と循環器、それぞれの内科専門医が連携して診療にあたっています。

当院の循環器内科外来の特徴

ここでは当院の循環器内科外来の体制としての特徴をお伝えしていきます。

当院の循環器内科外来の特徴としては、

  • 不整脈に専門性ある循環器内科専門医が診療
  • 呼吸器内科専門医と院内で連携
  • エコーやホルター心電図が充実

があります。

どの医師も「患者さんの目線にたった提案」を心がけています。ニーズをお聞きしながら検査や治療の提案をさせていただきます。

※当院の内科外来の特徴につきましては、「内科外来の特徴と流れ」をお読みください。

当院では2名の循環器内科医が勤務していますが、木曜担当医は不整脈の研究にも従事しており、専門としています。循環器内科でも不整脈を専門とする医師は少なく、動悸や脈がとぶといった症状の精査が可能です。土曜日の医師は総合病院の第一線で活躍しており、心疾患全般に対応可能です。

また呼吸器と循環器は相互に関係しており、当院ではどちらの専門医も在籍しているのが特徴です。

呼吸器だけでなく、循環器も検査機器が充実しており、循環器内科専門医によるエコー検査やホルター心電図検査が実施可能です。

横浜・川崎エリアで心臓をはじめとした循環器の病気でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

呼吸器内科医と連携して診療

当院では、

  • 呼吸器内科医:4名
  • 循環器内科医:2名

が曜日ごとに診療を行っております。呼吸器疾患と循環器疾患は関係性が深く、必要に応じて院内紹介を行うことで専門的な治療が可能になります。

循環器内科の中でも専門性がありますが、

  • 虚血性疾患
  • 不整脈

それぞれに専門性が高い医師が所属しています。

また当院では、心療内科も診療しています。心療内科では、動悸で悩まれている患者様も少なくありません。専門的な診療を受けることで、安心していただけることがあります。

院内の充実した検査体制

当院は、循環器疾患に関する検査体制が充実しています。

これらによって、心臓疾患を評価することができます。当院ではCTは実施できませんが、必要な場合は近隣の病院や久保田クリニック様に紹介状を作成させていただきます。