急性喉頭蓋炎

急性喉頭蓋炎とは?原因や治療法・見逃してはならないサインを医師が解説

急性喉頭蓋炎とは

急性喉頭蓋炎は、喉頭蓋(こうとうがい)という、のどぼとけの上にあるフタのような構造とその周囲の組織が急激に腫れて炎症を起こす病態です。

以前は主に小児にみられた病気でしたが、現在では成人での発症が多くなっています。

急性喉頭蓋炎は、重症になってしまうと気道、つまり空気の通り道の閉塞により、命に関わる状態に至る可能性があります。

今回の記事では、急性喉頭蓋炎の原因や治療法、見逃してはならないサインを解説していきます。

急性喉頭蓋炎の原因

急性喉頭蓋炎の主な原因は細菌感染です。特に、インフルエンザ菌b型(Hib)が有名です。しかし、Hibワクチンの普及により、インフルエンザ菌によるものに加え、現在では他の細菌やウイルスも原因として考えられています。例えば、肺炎球菌や黄色ぶどう球菌、肺炎桿菌、β溶血性レンサ球菌などの他の細菌も関与することがあります。また、ウイルス性の喉頭蓋炎も報告されており、風邪やインフルエンザウイルスが原因となることもあります。
細菌やウイルス感染によって、声門(せいもん)という声を出すために大切な構造の上が炎症を起こし、その後周囲にも炎症が広がっていきます。

急性喉頭蓋炎の疫学

急性喉頭蓋炎は、Hibワクチン導入前は主に5歳以下の小児に多く見られました。しかし、ワクチン導入後は発生率が大幅に減少しました。今では、まれに成人でも発症することがあります。

成人の場合、免疫力の低下や慢性疾患の存在がリスクファクターとなることがあります。また、喫煙やアルコールの摂取も喉頭蓋炎の発症リスクを高めるとされています。

男女の比率としては、日本では2〜3:1と男性に多く、また、年齢分布としては50歳代に多いとされています。また、急性喉頭蓋炎が好発する季節は、夏季にやや多いという報告もあります。

急性喉頭蓋炎の診断

急性喉頭蓋炎の診断は、主に臨床症状と喉の内視鏡検査により行われます。

典型的な症状には、急激な発熱、声のかすれ、唾液の増加、嚥下困難、呼吸困難などがあります。特に、小児の場合には症状が突然に発生し、発症してから数時間以内に窒息に陥ってしまうことがあります。

内視鏡検査では、腫れた喉頭蓋と声帯周囲の炎症が確認されます。しかし、直接喉頭蓋を見る検査には、小児の場合には気道が完全に閉塞してしまうおそれもあるため、手術室など、救急対応が可能な場所で行われるべきとされています。

血液検査や喉の培養検査も行われることがあり、感染の原因を特定するために重要です。

急性喉頭蓋炎の重症度分類にはさまざまなものがあります。その中でも、菊池らの分類というものは、喉頭蓋の腫れの程度と呼吸困難があるかどうかの2点に注目しています。

  • Ⅰ期:喉頭蓋の腫脹が舌面のみに認められるもの
  • Ⅱ期:喉頭蓋の腫脹が舌面から喉頭面に及んでいるもの
  • Ⅲ期:呼吸困難を伴うもの。さらにⅢ期を症状発現から呼吸困難が生じるまでの時間が1日未満の劇症型と,1日以上であった非劇症型に分類

この分類は現在最もよく使用される分類法の一つで、たいへん分かりやすい分類法です。

急性喉頭蓋炎の治療法

急性喉頭蓋炎の治療には、抗菌薬の投与と気道の確保が必要です。重症の場合は、緊急の気管挿管や気管切開が行われることもあります。ステロイド薬が腫れを減らすために使用されることもあります。

また、酸素療法や輸液治療も必要な場合があります。早期の診断と適切な治療が重要であり、症状が現れたらすぐに医療機関を受診することが大切です。

急性喉頭蓋炎を見逃さないためのポイント

さて、ここからは急性喉頭蓋炎を見逃さないためのポイントについて解説していきましょう。

急性喉頭蓋炎は急速に進行するため、以下のポイントに注意して早期に発見することが重要です。

  • 急激な発熱と喉の痛みを伴う呼吸困難の発生
  • 声がかすれたり、喉が痛いために水や食べ物が飲み込めなかったりする(嚥下困難:えんげこんなん)
  • 唾液の増加や、口を開け下顎を突き出し、首を伸ばした前のめりの姿勢(三点支持という姿勢)になる
  • 小児の場合は、突然落ち着きが無くなったりイライラしたりする
  • 呼吸の際の喘鳴やチアノーゼ(青白い肌色)の出現

これらのサインが見られた場合は、迅速に医療機関への受診が必要です。特に、呼吸困難が見られる場合は、緊急性が高いため、すぐに救急車を呼ぶ必要もあります。

まとめ

急性喉頭蓋炎は、喉頭蓋とその周囲の組織の急激な腫れと炎症を特徴とする病態であり、重症化すると命に関わる危険性があります。そのため、症状の早期発見と迅速な治療が非常に重要です。特に、小児や免疫力が低下している成人はリスクが高いため、注意が必要です。喉の痛みや呼吸困難などの症状が現れたら、すぐに医療機関を受診することが大切です。

急性喉頭蓋炎は小児だけでなく、成人でもみられる病気です。手遅れにならないように、この記事で解説したようなポイントを参考にしてみてくださいね。

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。

クリニック一覧

医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

カテゴリー:喉の病気  投稿日:2024-05-31

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

扁桃周囲膿瘍

扁桃周囲膿瘍は放置したら危険!扁桃周囲膿瘍の症状・原因・治療法について医師が解説 はじめに 「扁桃周囲膿瘍」とは、喉の奥の扁桃に細菌が感染し、膿がたまる病気です。主にものを飲み込むときに喉に強い痛みが生じ、治療が遅れると… 続きを読む 扁桃周囲膿瘍

カテゴリー:喉の病気  投稿日:

咽頭癌

咽頭癌とは?注意すべき症状についても医師が解説 目次 咽頭癌とは 上咽頭癌(鼻咽腔癌) 中咽頭癌(口蓋咽頭癌) 下咽頭癌(喉頭咽頭癌) 検査方法 治療法 見逃せない症状 まとめ 咽頭癌とは 咽頭癌(いんとうがん)は、咽頭… 続きを読む 咽頭癌

カテゴリー:喉の病気  投稿日:

急性扁桃炎

急性扁桃炎の症状、治療法は?何日で治るかについても医師が解説 目次 扁桃炎とは 原因と種類 症状 診断方法 治療 回復期間:何日くらいで治るのか? 予防策 まとめ 扁桃炎とは 扁桃腺は、口と喉の間に位置し、体内に侵入する… 続きを読む 急性扁桃炎

カテゴリー:喉の病気  投稿日:

人気記事

【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

喘息の長期管理薬とは? 喘息は、気道に慢性炎症が起きて狭くなっている状態です。それが引き金となって気道が過敏になり、ちょっとしたきっかけで咳や息苦しさをくり返します。 喘息の治療は、 炎症を抑え、喘息の悪化や発作を予防す… 続きを読む 【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

カテゴリー:喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)  投稿日:

SGLT2阻害薬の効果と副作用

SGLT2阻害薬とは? SGLT2(エスジーエルティー・ツー)阻害薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、膵臓ではなく腎臓に作用することで血糖値を改善する働きがあります。 SGLT2は腎臓に存在する… 続きを読む SGLT2阻害薬の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

ノイロトロピン注射の効果と副作用

ノイロトロピン注射とヒスタグロビン注射 花粉症の注射で調べると、敷居が高いステロイドや効果が出るのに時間がかかる減感作療法が並ぶと思います。即効性がありながらも安全性の高い注射を探されている方にお勧めなのがノイロトロピン… 続きを読む ノイロトロピン注射の効果と副作用

カテゴリー:アレルギーの注射剤  投稿日: