咽頭癌

咽頭癌とは?注意すべき症状についても医師が解説

咽頭癌とは

咽頭癌(いんとうがん)は、咽頭(いんとう:のどのことで、空気と食物の通り道のこと)の粘膜やその周辺の組織に発生する悪性腫瘍のことです。

咽頭は食道と気管の入口の間に位置し、声を出す声帯や耳ともつながっています。咽頭癌は、その発生部位により、上咽頭癌(じょういんとうがん)、中咽頭癌(ちゅういんとうがん)、下咽頭癌(かいんとうがん)に分類されます。

咽頭癌は、頭頸部(とうけいぶ)がんという目や耳、のどの癌の一種です。頭頸部がんは日本人の癌患者さん全体のうち約3%と比較的まれな癌ですが、その患者数は毎年増えています。

そして、咽頭がんも徐々に患者数が増加しています。そこで、今回の記事では、咽頭癌について、それぞれについて解説していきます。

上咽頭癌(鼻咽腔癌)

上咽頭は鼻腔(びくう)の後ろに位置し、鼻と喉をつなぐ部分です。この領域で発生する癌を上咽頭癌と呼びます。

上咽頭癌は、中国や東南アジアなど特定の地域で多く見られます。

上咽頭癌の発生には、 EBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス)の感染が関連しているとされます。

上咽頭は耳や鼻と繋がる部位なので、上咽頭癌による症状としては、鼻詰まり、鼻血、耳の不快感があります。また、上咽頭の周りにはリンパ節が豊富にあるため、頚部リンパ節の腫れで発見されることもあります。さらに、上咽頭は脳に近い部位でもあるため、脳神経症状として目が見えにくくなる、二重に見えることがあるということもあります。

上咽頭癌は、その場所から手術することが困難な場合が多いため、治療として放射線療法や化学療法、それらを組み合わせた化学放射線治療が主な治療法となります。

上咽頭癌の場合、初期症状が軽いことが多いため、頚部リンパ節の腫れや持続的な鼻詰まりに注意が必要です。

中咽頭癌(口蓋咽頭癌)

中咽頭は口蓋の裏側から喉頭上部までの範囲を指します。軟口蓋(なんこうがい)という口の上部の奥にある柔らかい部分や、口の奥の突き当たりの壁、口蓋扁桃、舌根(ぜっこん:舌の付け根の部分)が含まれます。中咽頭癌は、この領域で発生する癌です。

中咽頭癌の発症には、喫煙、アルコールの過剰摂取、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染などが関連しています。HPVに関連した中咽頭癌は、予後が良いということが知られています。

中咽頭癌の症状は、 嚥下困難、喉の痛み、耳痛、声のかすれなどがあります。

治療法には放射線療法、化学療法、手術などがあります。病期や腫瘍の大きさに応じて治療法が選択されます。

嚥下時の不快感や持続的な喉の痛みがあれば、中咽頭癌の可能性を考慮する必要があります。

下咽頭癌(喉頭咽頭癌)

下咽頭は喉頭の上部から食道の入り口までの範囲を指し、この領域で発生する癌です。

咽頭癌の中では比較的まれです。

下咽頭癌のリスク因子としては、喫煙、アルコールの過剰摂取があります。

下咽頭癌の症状には、嚥下痛(えんげつう:飲み込む際の喉の痛み)、声のかすれ、喉の違和感、耳痛などがあります。

下咽頭癌は、早期の場合には喉を残す(温存:おんぞんといいます)ために、放射線治療や喉頭温存手術を行うことになります。
下咽頭癌が進行している場合には、手術によって喉を摘出せざるをえないことも多くなります。しかし、QOLを保つために、喉頭温存手術や化学放射線治療を行う場合もあります。

中咽頭癌と同様に、嚥下痛や持続的な喉の違和感があれば、下咽頭癌を疑う必要があります。

咽頭癌の診断と治療は、早期発見が重要です。上記の症状がある場合は、専門医に相談することをお勧めします。

検査方法

咽頭癌の診断には、以下のような検査が用いられます。

  • 内視鏡検査:咽頭や声帯の状態を直接観察します。
  • 生検:疑わしい部位から組織を採取し、顕微鏡でがん細胞の有無を調べます。
  • 画像診断:CTスキャンやMRI、PETスキャンなどを用いて、がんの広がりや転移の有無を評価します。

治療法

これまで述べてきたように、咽頭癌の治療は、がんの進行度や患者の全体的な健康状態に基づいて決定されます。

ここで、それぞれについて少し詳しく説明しましょう。

  • 手術:がんを取り除くために行われます。進行度によっては、咽頭や声帯の一部を切除する必要がある場合もあります。
  • 放射線療法:がん細胞を破壊するために高エネルギーの放射線を使用します。
  • 化学療法:がん細胞の成長を抑える薬剤を使用します。放射線療法と併用されることが多いです。
  • 免疫療法:がん細胞を攻撃するために、患者の免疫システムを活性化させる治療法です。

見逃せない症状

咽頭癌は初期の段階では症状が軽微であることが多く、見逃されることがあります。以下の症状が持続する場合は、医師に相談することが重要です。

  • 喉の違和感や痛みが続く
  • 声のかすれや声の変化が続く
  • 嚥下困難が続く
  • 首のしこりが見られる
  • 鼻血が続く
  • 物が二重に見える

これらの症状が見られた場合は、早期に医療機関を受診し、適切な診断と治療を受けることが重要です。

まとめ

咽頭癌は日本人のがん全体としてはまれなものですが、徐々に患者数が増えており決して関係のないものではありません。

今回の記事でご紹介したような症状があれば、まずは耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。

クリニック一覧

医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

カテゴリー:喉の病気  投稿日:2024-05-31

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

急性扁桃炎

急性扁桃炎の症状、治療法は?何日で治るかについても医師が解説 目次 扁桃炎とは 原因と種類 症状 診断方法 治療 回復期間:何日くらいで治るのか? 予防策 まとめ 扁桃炎とは 扁桃腺は、口と喉の間に位置し、体内に侵入する… 続きを読む 急性扁桃炎

カテゴリー:喉の病気  投稿日:

急性喉頭蓋炎

急性喉頭蓋炎とは?原因や治療法・見逃してはならないサインを医師が解説 目次 急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎の原因 急性喉頭蓋炎の疫学 急性喉頭蓋炎の診断 急性喉頭蓋炎の治療法 急性喉頭蓋炎を見逃さないためのポイント まと… 続きを読む 急性喉頭蓋炎

カテゴリー:喉の病気  投稿日:

扁桃周囲膿瘍

扁桃周囲膿瘍は放置したら危険!扁桃周囲膿瘍の症状・原因・治療法について医師が解説 はじめに 「扁桃周囲膿瘍」とは、喉の奥の扁桃に細菌が感染し、膿がたまる病気です。主にものを飲み込むときに喉に強い痛みが生じ、治療が遅れると… 続きを読む 扁桃周囲膿瘍

カテゴリー:喉の病気  投稿日:

人気記事

【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

喘息の長期管理薬とは? 喘息は、気道に慢性炎症が起きて狭くなっている状態です。それが引き金となって気道が過敏になり、ちょっとしたきっかけで咳や息苦しさをくり返します。 喘息の治療は、 炎症を抑え、喘息の悪化や発作を予防す… 続きを読む 【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

カテゴリー:喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)  投稿日:

SGLT2阻害薬の効果と副作用

SGLT2阻害薬とは? SGLT2(エスジーエルティー・ツー)阻害薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、膵臓ではなく腎臓に作用することで血糖値を改善する働きがあります。 SGLT2は腎臓に存在する… 続きを読む SGLT2阻害薬の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

ノイロトロピン注射の効果と副作用

ノイロトロピン注射とヒスタグロビン注射 花粉症の注射で調べると、敷居が高いステロイドや効果が出るのに時間がかかる減感作療法が並ぶと思います。即効性がありながらも安全性の高い注射を探されている方にお勧めなのがノイロトロピン… 続きを読む ノイロトロピン注射の効果と副作用

カテゴリー:アレルギーの注射剤  投稿日: