扁桃周囲膿瘍

扁桃周囲膿瘍は放置したら危険!扁桃周囲膿瘍の症状・原因・治療法について医師が解説

はじめに

扁桃周囲膿瘍」とは、喉の奥の扁桃に細菌が感染し、膿がたまる病気です。主にものを飲み込むときに喉に強い痛みが生じ、治療が遅れると小児では致命的になってしまうこともあります。
今回の記事では、扁桃周囲膿瘍の症状や原因、治療法について解説していきます。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

扁桃周囲膿瘍とは

扁桃周囲膿瘍は、扁桃の周囲に膿が溜まる感染症です。扁桃炎が悪化することで発生します。
扁桃は、被膜(ひまく)という構造でおおわれています。激しい炎症が起こり、この被膜構造を超えてしまうと、扁桃と咽頭収縮筋(いんとうしゅうしゅくきん)との間に膿瘍(のうよう)、つまり膿のかたまりができてしまいます。これが、扁桃周囲膿瘍です。
ただし、明らかな扁桃腺炎の症状がなくても、扁桃周囲膿瘍になってしまうこともあります。

20才代から40才代に多くみられ、子供や老人は少ないとされています。また、性別としては、男性にやや多いです。

扁桃周囲膿瘍は放置すると、呼吸障害や敗血症などの重篤な合併症を引き起こす可能性があります。
また、免疫力が低下していない場合には子供が扁桃周囲膿瘍にかかることはほとんどないともされていますが、子供に起こった場合には気道、つまり空気の通り道を防いでしまう可能性があります。そのため、症状について理解しておくことは大切です。

扁桃周囲膿瘍の症状

扁桃周囲膿瘍の症状は、以下のようなものになります。

のどの激しい痛み

通常、痛みは片側の扁桃に限局、つまり片側だけに現れ、飲み込むときに悪化します。

発熱

38°C以上の発熱がよく見られます。

開口障害

膿瘍そのもの、もしくは膿が溜まることによる痛みのために口を大きく開けることが困難になります。

唾液の増加

痛みによって飲み込むことが難しくなるため、唾液がたまります。

悪臭を伴う口臭

膿による悪臭が口臭の原因となります。

声の変化

通称「ホットポテトボイス」と呼ばれる、こもったような声になります。

頸部のリンパ節の腫れ

感染によって頸部のリンパ節が腫れることがあります。

呼吸困難

炎症が喉まで達し、喉頭蓋(こうとうがい)という喉のフタのような構造の部分にまで浮腫が生じると、呼吸困難をきたすおそれもあります。

扁桃周囲膿瘍の原因

扁桃周囲膿瘍の原因は、扁桃に病原菌が感染し、周囲に感染が広がり、膿が溜まってしまうことです。

細菌感染

扁桃周囲膿瘍の最も一般的な原因は、扁桃に発生する細菌感染です。特に、A群β溶血性連鎖球菌(Streptococcus pyogenes)がよく関与しています。この細菌は、通常の扁桃炎を引き起こすことがあります。また、嫌気性菌という、生きていくために酸素を必要としないタイプの細菌も扁桃周囲膿瘍に関連していることが多いです。
扁桃腺炎に対して適切な治療を受けられないと、感染が悪化して膿瘍を形成することがあります。

扁桃の慢性的な炎症

扁桃に繰り返し炎症が起こっている場合、感染が広がりやすくなり、膿瘍のリスクが高まります。

免疫系の弱さ

免疫系が弱い人は、扁桃周囲膿瘍を含むさまざまな感染症にかかりやすくなります。

扁桃周囲膿瘍の検査

診断は、主に以下の検査によって行われます。

視診

のどの奥を観察し、扁桃の腫れや膿の有無を確認します。
膿瘍がある側の扁桃が腫れ、口蓋垂(こうがいすい)が、膿瘍ができているために内側へずれている所見や、腫れている所見がみられることがあります。

触診

首周辺の腫れや硬さを確認します。リンパ節の腫れがないかをチェックできます。

血液検査

白血球数の増加やCRP値の上昇を確認します。

画像診断

必要な場合には、超音波やCTスキャンを用いて、膿瘍の大きさや位置を詳細に確認します。

針吸引

膿瘍が出来ていると思われる部位に、細い針を刺します。膿がひけてくるかどうかをチェックしたり、同時に膿瘍の中身を減らすことができたりと、診断と治療を兼ね備えるものです。

扁桃周囲膿瘍の治療

扁桃周囲膿瘍の治療は、膿の排出と抗生物質による感染のコントロールが中心です。

膿の排出

針や細いチューブを用いて膿を吸引するか、小さな切開をして膿を排出します。

抗生物質

感染を抑えるため、ペニシリンやクリンダマイシン、セファロスポリン、メトロニダゾールなどの抗生物質を投与します。通常は静脈内または経口で投与されます。

痛みの管理

鎮痛剤を用いて、痛みを和らげます。

水分補給

脱水を防ぐため、十分な水分を摂取することが重要です。

扁桃摘出術

重症の場合や膿の排出が困難な場合は、扁桃を摘出する手術(扁桃摘出術)が必要になることもあります。手術の利点は、手術後の痛みが比較的軽いことや、発熱などの全身症状も術後にすみやかに改善することなどがあります。一方、手術のリスクとしては、出血が起こることや、膿瘍の内容が漏れる、敗血症になる、あるいは喉頭浮腫(喉がむくんでしまうこと)などがあります。

まとめ

扁桃周囲膿瘍は、扁桃の感染症が悪化することで発生する急性の疾患です。重篤な合併症を防ぐためにも、激しい喉の痛みや発熱が見られた場合は、早めに医療機関を受診することが重要です。適切な治療によって、多くの場合は回復が期待できます。食事がとれないほど喉の痛みがあったり、息苦しさがあったりするときは、耳鼻咽喉科や頭頸部外科を受診しましょう。

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。

クリニック一覧

医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

カテゴリー:喉の病気  投稿日:2024-06-04

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

咽頭癌

咽頭癌とは?注意すべき症状についても医師が解説 目次 咽頭癌とは 上咽頭癌(鼻咽腔癌) 中咽頭癌(口蓋咽頭癌) 下咽頭癌(喉頭咽頭癌) 検査方法 治療法 見逃せない症状 まとめ 咽頭癌とは 咽頭癌(いんとうがん)は、咽頭… 続きを読む 咽頭癌

カテゴリー:喉の病気  投稿日:

急性喉頭蓋炎

急性喉頭蓋炎とは?原因や治療法・見逃してはならないサインを医師が解説 目次 急性喉頭蓋炎とは 急性喉頭蓋炎の原因 急性喉頭蓋炎の疫学 急性喉頭蓋炎の診断 急性喉頭蓋炎の治療法 急性喉頭蓋炎を見逃さないためのポイント まと… 続きを読む 急性喉頭蓋炎

カテゴリー:喉の病気  投稿日:

急性扁桃炎

急性扁桃炎の症状、治療法は?何日で治るかについても医師が解説 目次 扁桃炎とは 原因と種類 症状 診断方法 治療 回復期間:何日くらいで治るのか? 予防策 まとめ 扁桃炎とは 扁桃腺は、口と喉の間に位置し、体内に侵入する… 続きを読む 急性扁桃炎

カテゴリー:喉の病気  投稿日:

人気記事

【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

喘息の長期管理薬とは? 喘息は、気道に慢性炎症が起きて狭くなっている状態です。それが引き金となって気道が過敏になり、ちょっとしたきっかけで咳や息苦しさをくり返します。 喘息の治療は、 炎症を抑え、喘息の悪化や発作を予防す… 続きを読む 【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

カテゴリー:喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)  投稿日:

SGLT2阻害薬の効果と副作用

SGLT2阻害薬とは? SGLT2(エスジーエルティー・ツー)阻害薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、膵臓ではなく腎臓に作用することで血糖値を改善する働きがあります。 SGLT2は腎臓に存在する… 続きを読む SGLT2阻害薬の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

ノイロトロピン注射の効果と副作用

ノイロトロピン注射とヒスタグロビン注射 花粉症の注射で調べると、敷居が高いステロイドや効果が出るのに時間がかかる減感作療法が並ぶと思います。即効性がありながらも安全性の高い注射を探されている方にお勧めなのがノイロトロピン… 続きを読む ノイロトロピン注射の効果と副作用

カテゴリー:アレルギーの注射剤  投稿日: