麻疹(はしか)

麻疹(はしか)の症状や予防法、治療法も

麻疹は麻疹ウイルスによる急性の感染症で、はしかとも呼ばれています。麻疹は感染力が極めて強く、体育館のような広い場所でも麻疹患者1人と同じ空間にいるだけで多くの方が感染するほどです。そして麻疹に免疫がない場合ほぼ100%発病します。小児においては予防接種していない、あるいは1回のみである0〜2歳の子どもの患者が多い傾向です(図1)。

図1.日本における過去5年間の年齢別麻疹患者数

図1.日本における過去5年間の年齢別麻疹患者数


(単位:人、国立感染症研究所 麻疹発生動向状況より作成)

現在、日本における麻疹の患者数はワクチン2回接種の普及により激減しました。近年では2019年に大流行したのち、さらに患者数は減少しています。しかし世界的にみると麻疹患者の数は2021年以降増え続けています(図2)。コロナ禍を過ぎて復活した海外旅行や、訪日外国人観光客の増加によって麻疹ウイルスに感染するリスクは高まっており油断はできません。

図2.世界の麻疹患者数

図2.世界の麻疹患者数


(単位:人、WHO 世界の麻疹と風疹の月次更新、2024.4より作成)

麻疹の症状

麻疹ウイルスに感染すると、潜伏期間を経て発熱や発疹が出現します。初期の症状はかぜや風疹などと似ており区別がつかない場合もあるため、注意深く症状をチェックしていきましょう。

潜伏期間

10〜12日

前駆(カタル)期

麻疹ウイルスに感染後、10〜12日の潜伏期間を経て発症します。詳しい症状は以下のとおりです。

  • 38℃前後の発熱
  • かぜ症状(せき、鼻水、のどの痛み、体のだるさ)
  • 目の症状(充血、目やに)
  • 乳幼児(不機嫌、下痢、腹痛)

3〜4日発熱が持続したあとに熱が下がり

  • 口の中(頬の内側)に1mmほどの白い斑点(コプリック斑)

発疹期

前駆期の発熱が下がったあと、半日くらいで再び発熱します。今度は39.5℃以上の高熱です。そして発疹が2日間で全身に広がり、3〜4日続きます。

発疹の出る順番

  1. 耳のうしろ、くび、おでこ
  2. 顔面、胴体、上腕
  3. 手足の先まで

発疹は赤くて平らなものからだんだんと隆起してつながり、暗赤色になります。乳幼児にはつらい時期で、脱水症状を起こしやすいため注意が必要です。

回復期

高熱が下がって体のきつさが改善され、機嫌もよくなってきます。発疹は色が薄くなるものの色素沈着が残ります。

合併症

麻疹にかかると30%の確率で合併症を起こします。

下記が主な合併症として有名です。

合併症 出現頻度
中耳炎 7%
肺炎 6%
脳炎 1,000人に0.5〜1人
亜急性硬化性全脳炎(SSPE) 1,300〜3,300人に1人

肺炎と脳炎は麻疹における二大死因で、特に乳児の死亡例のうち60%は肺炎がきっかけです。

そして重篤な合併症である亜急性硬化性全脳炎は、麻疹にかかってから4〜8年後に発症するものです。2歳未満で麻疹にかかった場合に発症するリスクが高くなります。知能障害や運動障害が少しずつ進行して、最終的には死に至ります。

麻疹の感染経路

麻疹ウイルスがヒトに感染する経路は3つです。

  • 空気感染
  • 飛沫感染
  • 接触感染

前駆期〜発疹期において、鼻水やつばに触れてしまっても感染します。しかしさらに恐ろしいのは同じ室内、バス・電車・飛行機の中などにいるだけで感染する空気感染です。

麻疹の予防・予防接種

麻疹の感染を予防するもの、発病を予防するものに分けて説明します。

感染の予防

麻疹は空気感染するため、マスクや手洗いよりも予防接種が非常に有用です。

定期予防接種(無料)のスケジュール

  • 1回目:1歳
  • 2回目:5〜6歳 かつ 小学校入学前の1年間

風疹と混合のMRワクチンを注射します。1回目の接種で93〜95%、2回目も接種すれば97〜99%以上の人が免疫を得られるため、小学校入学前に必ず2回目の予防接種を受けるようにしましょう。

「1歳未満の赤ちゃんが麻疹にかかったら…」と不安になる方もいるでしょう。

赤ちゃんにはお母さんからもらった免疫があるので、麻疹ワクチンを注射してもウイルスが増えにくいため十分な効果を得られません。お母さんからの免疫が少なくなる6か月以降であれば、海外旅行前や保育園に入る前などに有料で予防接種できます。しかしこれは予防接種回数にカウントしないため、定期の予防接種2回は必ず受けてください。

発病の予防

麻疹の患者と接触した場合に発病を予防する方法がありますが、確実に予防できるものではありません。

  • 接触後3日(72時間)以内:緊急措置として麻疹含有ワクチンを注射
  • 接触後4〜5日:免疫グロブリン(血液から作られた製剤)を注射

麻疹の治療

麻疹に有効な治療はないため、症状および合併症に対する治療をおこないます。

状態 対応
発熱し食事や水分が摂れない 解熱剤の使用
点滴で水分や電解質を投与
せき せき止めの使用
中耳炎
肺炎
抗生剤の使用

合併症が出ていないか経過もみていきます。

子どもが麻疹にかかったら

お子さんが麻疹にかかった可能性がある場合の、2つの対応について説明します。

病院受診時の注意点

麻疹かもしれない症状がある場合は、まず医療機関に電話をしましょう。受診した方がいいのか、受診に際し注意する点があるのかなど医療機関からの指示に従ってください。

麻疹は空気感染するため、受診する場合は公共の交通機関は使用しないようにして、周囲への感染拡大を防いでください。マスクができる年齢であれば使用した方がいいでしょう。

家庭での対応

発熱やせきなどで機嫌の悪い状態が続くので、少しでも子どものきつい状態が軽くなるように対応します。

状態 対応
発熱 ・医師が指示した体温以上であり機嫌が悪く眠れない、水分が摂れないなどの場合には解熱剤を使う
・氷枕や冷却ジェルシートなどを使う
下痢
食欲がない
・消化がいいもの、口当たりがいいものを与える
・食事が摂れなくても、水分はしっかり与える

登園・登校基準は?

解熱して3日経てば登園・登校は可能です。
ちなみに解熱した日は0日目、その翌日が1日目と数えてください。

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。

クリニック一覧

医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

カテゴリー:特殊な子供の病気  投稿日:2024-06-22

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

熱性けいれん

熱性けいれんへの対応や救急車を呼ぶ目安 目次 熱性けいれんの定義 熱性けいれんの症状 熱性けいれんの分類 熱性けいれんへの対応 熱性けいれん重積状態と救急車を呼ぶ目安 熱性けいれんの診断と検査 熱性けいれんの治療 熱性け… 続きを読む 熱性けいれん

カテゴリー:特殊な子供の病気  投稿日:

タバコの誤飲

小児におけるタバコの誤飲と対処法について 目次 小児におけるタバコの誤飲事故について タバコを誤飲しやすい小児の年齢 タバコを誤飲したときの症状 小児がタバコを誤飲した場合の致死量 タバコを誤飲したときの対処法 タバコの… 続きを読む タバコの誤飲

カテゴリー:特殊な子供の病気  投稿日:

夜尿症

夜尿症(おねしょ)の原因と対策・治し方 夜尿症の定義 夜尿症の定義として「5歳以上で1か月に1回以上の頻度で夜間睡眠中の尿失禁を認めるものが3か月以上つづくもの」とされています。 夜尿症(おねしょ)はいつまで続くのか 多… 続きを読む 夜尿症

カテゴリー:特殊な子供の病気  投稿日:

人気記事

【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

喘息の長期管理薬とは? 喘息は、気道に慢性炎症が起きて狭くなっている状態です。それが引き金となって気道が過敏になり、ちょっとしたきっかけで咳や息苦しさをくり返します。 喘息の治療は、 炎症を抑え、喘息の悪化や発作を予防す… 続きを読む 【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

カテゴリー:喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)  投稿日:

SGLT2阻害薬の効果と副作用

SGLT2阻害薬とは? SGLT2(エスジーエルティー・ツー)阻害薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、膵臓ではなく腎臓に作用することで血糖値を改善する働きがあります。 SGLT2は腎臓に存在する… 続きを読む SGLT2阻害薬の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

【医師が解説】脂質異常症(高脂血症)の症状・診断・治療

脂質異常症(高脂血症)とは? 脂質異常症とは、 悪玉コレステロール(LDL)の上昇 中性脂肪(TG(トリグリセリド))の上昇 善玉コレステロール(HDL)の低下 のどれかを満たした時に診断される病気です。 昔は高脂血症と… 続きを読む 【医師が解説】脂質異常症(高脂血症)の症状・診断・治療

カテゴリー:脂質異常症(高脂血症)  投稿日: