鼓膜穿孔

鼓膜が破れた!耳の健康を守るために知っておくべきこと

日常生活の中で突然耳に異常を感じたら、それは鼓膜が破れているかもしれません。
鼓膜が破れることは、実はそれほど珍しいことではないのです。
この記事では、鼓膜が破れる原因、症状、そして適切な対応方法について詳しく解説します。鼓膜の健康を守り、適切な治療を受けるために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

突然の圧力変化

飛行機の離着陸やダイビングなど、急激な圧力変化が耳にかかる状況では、鼓膜が破れるリスクがあります。
特に高度な変化が激しい環境下では、耳抜きの方法を適切に行い、圧力調整を怠らないことが重要です。耳抜きが難しい場合は、飛行中や水中活動を避けることも一つの方法です。

外傷

日本における耳掃除の習慣は、意外にも鼓膜を破る一因となっています。
耳かき棒や綿棒の誤った使用が、直接的な鼓膜の損傷を引き起こすことがあります。
また、暴力的な行為による耳への打撃も外傷の原因となるため、日常生活での注意が必要です。
耳掃除は専門の医療機関や安全な方法で行うことをお勧めします。

感染症

中耳炎が慢性化すると、鼓膜に穴が開くことがあります。
特に小児に多い中耳炎ですが、適切な時間に医療機関での治療を受けることで、鼓膜が破れる事態を未然に防ぐことができます。痛みや聴力の低下を感じたら、早めに耳鼻咽喉科を訪れることが重要です。

鼓膜が破れた際の初期対応

鼓膜が破れた場合、最も大切なのは迅速な対応です。まずは耳を触らず、清潔な状態を保つことが必要です。次に、できるだけ早く耳鼻咽喉科を受診し、専門医の診断を受けることをお勧めします。

鼓膜破裂の症状と初期対応

鼓膜が破れた際には特定の症状が現れ、適切な初期対応が非常に重要となります。この部分では、鼓膜破裂時に現れる主な症状と、その際にとるべき初期対応について解説します。

症状

1. 聞こえにくさ

鼓膜は音を内耳へと伝える役割があります。そのため、鼓膜が破れると、音の伝達が不完全になり、聞こえにくさが生じます。

2. 耳鳴り

鼓膜破裂によって、突発的な聴覚異常、すなわち耳鳴りが現れることがあります。これは内耳や聴覚神経に対する一時的な影響によるものです。

3. 耳からの分泌物

破裂した鼓膜からは、時に透明な液体や、感染が原因であれば膿が混じった分泌物が見られることがあります。

初期対応

1. 耳を清潔に保つ

耳から分泌物が出ている場合は、外耳を優しく清潔に保つことが重要です。耳の中に水が入らないよう注意し、外耳道を乾燥させましょう。

2. 耳を触らないようにする

破れた鼓膜は非常にデリケートであり、触れることで状態が悪化する可能性があります。また、さらなる感染のリスクも避けるためにも、耳をこすったり、指で触ったりすることは避けてください。

3. 迅速に耳鼻咽喉科を受診する

上記の症状が見られた場合、速やかに耳鼻咽喉科を訪れることが最も重要です。専門医は正確な診断を行い、必要に応じた治療を提供します。

診断方法と治療オプション

ここでは、鼓膜穿孔の診断と治療の一般的な方法について説明します。

診断:耳鏡検査による鼓膜の観察

鼓膜穿孔の診断には、主に耳鏡(じきょう)検査が用いられます。
耳鏡検査は、特殊な光学器具を使用して耳の内部、特に鼓膜の状態を詳細に観察する方法です。この検査によって、鼓膜の穿孔の位置、大きさ、および周囲の組織の状態を確認できます。また、感染の有無や耳の内部に異物が存在するかどうかも確認することが可能です。

治療:鼓膜の自然治癒を待つ、必要に応じて手術治療

鼓膜穿孔の治療方法は、穿孔の大きさや原因、患者の一般的な健康状態によって異なります。
多くの小さな穿孔は、特に治療を行わなくても数週間から数ヶ月で自然に閉鎖します。この期間も耳を清潔に保ち、水や異物が耳内に入らないよう注意が必要です。

一方、大きな穿孔の場合や、2か月程度経っても治らない場合、または感染が伴う場合は手術治療が必要になることがあります。
手術治療には、鼓膜修復手術(鼓室形成術)が一般的です。手術は局所麻酔または全身麻酔下で行われ、破損した鼓膜に小片を移植して穿孔を閉鎖します。

鼓膜破裂を防ぐための予防策

鼓膜損傷は予防可能な場合が多いため、日常生活での注意が必要です。
特に耳の清掃は慎重に行いましょう。

正しい耳の清掃方法

鼓膜の画像


引用)国民生活センター 油断しないで!耳掃除

耳の清掃は、安全かつ効果的に行う方法を知っておくことが重要です。
耳かき棒や綿棒を深く挿入しないこと、耳の自浄作用を信じ、耳垢を自然に外に出すことを待つのが望ましいです。
耳の入口から1cmほどの距離までの耳垢であれば、自分で掃除することは可能です。
しかし、それ以上奥にある耳垢は、耳鼻科で掃除してもらう方が良いでしょう。
綿棒などで優しく綿棒でそっと拭き取るくらいにして、頻度は2週間〜月に1回程度にしましょう。

穿孔リスクを減らす生活習慣

耳への急激な圧力変化や外的衝撃から耳を守ることも重要です。
スポーツをする際は耳を保護するための適切な装備を使用し、水泳や潜水時は耳の圧力平衡を適切に保ちましょう。

また、上気道炎や鼻炎などの悪化が耳に影響を及ぼす恐れもあります。そのため、風邪やアレルギーの予防と治療にも注意を払いましょう。

まとめ

鼓膜が破れた場合、適切な知識と対応が重要です。耳の異常を感じた際は、自己判断せず、専門の医師に相談することが最も安全です。
日常生活での予防策を実践し、耳の健康を守りましょう。

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。

クリニック一覧

医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

カテゴリー:よくある耳鼻科の症状  投稿日:2024-06-22

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

味覚障害

味覚障害とは?原因や治療法について医師が解説 味覚障害とは 味覚障害とは、味覚に何らかの異常が起こり、味がいつもと異なる、あるいは味を感じにくくなるといった症状が出ることです。 本記事では、味覚障害の症状や原因、関連する… 続きを読む 味覚障害

カテゴリー:よくある耳鼻科の症状, 耳鼻科の病気  投稿日:

いびき

いびきに隠れたリスクとは?いびきの原因・治療法について医師が解説 はじめに 夜の静けさを破る「いびき」。多くの家庭で共通の悩みとなっているのではないでしょうか? しかし、いびきは単なる音の問題ではありません。この記事では… 続きを読む いびき

カテゴリー:よくある耳鼻科の症状  投稿日:

鼻茸

鼻茸は自然に治る?鼻茸の原因と治療について解説 目次 鼻茸とは 鼻茸の原因 鼻茸の症状 鼻茸の診断 鼻茸は自然に治るのか 鼻茸の治療 まとめ 鼻茸とは 鼻茸(はなたけ)とは、鼻や副鼻腔の粘膜が慢性的な炎症によりポリープ状… 続きを読む 鼻茸

カテゴリー:よくある耳鼻科の症状  投稿日:

人気記事

【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

喘息の長期管理薬とは? 喘息は、気道に慢性炎症が起きて狭くなっている状態です。それが引き金となって気道が過敏になり、ちょっとしたきっかけで咳や息苦しさをくり返します。 喘息の治療は、 炎症を抑え、喘息の悪化や発作を予防す… 続きを読む 【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

カテゴリー:喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)  投稿日:

SGLT2阻害薬の効果と副作用

SGLT2阻害薬とは? SGLT2(エスジーエルティー・ツー)阻害薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、膵臓ではなく腎臓に作用することで血糖値を改善する働きがあります。 SGLT2は腎臓に存在する… 続きを読む SGLT2阻害薬の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

【医師が解説】脂質異常症(高脂血症)の症状・診断・治療

脂質異常症(高脂血症)とは? 脂質異常症とは、 悪玉コレステロール(LDL)の上昇 中性脂肪(TG(トリグリセリド))の上昇 善玉コレステロール(HDL)の低下 のどれかを満たした時に診断される病気です。 昔は高脂血症と… 続きを読む 【医師が解説】脂質異常症(高脂血症)の症状・診断・治療

カテゴリー:脂質異常症(高脂血症)  投稿日: