緊急避妊法(アフターピル)について

緊急避妊法(アフターピル)について

「今は妊娠を望んでいないのに、無防備な性行為をしてしまった。」
「もしかしたら避妊に失敗してしまったかも。どうしよう。」
望まない妊娠の可能性を減らすためにはできるだけ早く緊急避妊薬を内服することが必要です。
少しでも気になることがあれば、「私は大丈夫。」と思わずに婦人科へご相談ください。
本日は緊急避妊法についてお話しします。

緊急避妊薬;レボノルゲストレル

レボノルゲストレルという緊急避妊薬を72時間以内に内服することで高確率に妊娠を阻止することができます。
性行為後、内服する時間が早ければ早いほど効果が高いです。
1錠内服しそれで終了ですので、早く手に入れて早期に内服しましょう。
正しく内服することで約98%の避妊率、約85%の妊娠阻止率が期待できます。
効果はかなり高いですが、100%ではないことに注意しましょう。

レボノルゲストレルの副作用

レボノルゲストレルを内服すると、吐き気、頭痛、下腹部痛、乳房痛などの副作用が起こることがあります。副作用が起こる頻度は10%程度です。
内服後3-4日目頃に性器出血が起こり、一時的に月経の周期が乱れることがあります。

妊娠の可能性について

レボノルゲストレルの効果はかなり高いですが、100%妊娠しないわけではありません
次の生理の予定日よりも1週間以上経っても出血がみられない場合や出血が少ない場合には、妊娠している可能性があります。ご自身で妊娠検査薬を用いて妊娠の有無を確認してください。
通常とは異なる出血や腹痛がある場合には、必ず婦人科を再度受診してください。

レボノルゲストレル内服後の避妊について

レボノルゲストレル内服後、再度無防備な性行為を行うと妊娠するリスクがあります。しっかりと避妊をするようにしてください。
避妊することが難しいという場合には、レボノルゲストレル内服直後より低用量ピルの内服を開始し、妊娠するリスクを下げることができます。すぐに低用量ピルを開始した場合には、性行為から3週間後に来院して頂き妊娠の有無をチェックすることをおすすめします。
レボノルゲストレルを内服しなければならないような事態が続く場合には、低用量ピルや子宮内避妊器具を挿入することによって持続的に避妊を行うことができます。詳しく知りたいという方は遠慮なくお申し付け下さい。

レボノルゲストレルを内服できない場合

以下の項目に当てはまる場合にはレボノルゲストレルを内服することができません。

  • 妊娠中
  • 授乳中(内服後24時間は授乳を中止する必要がある。)
  • 肝機能障害がある
  • ピルやホルモン剤に対するアレルギーを持っている

まとめ

今は妊娠を望んでいないのに、危険な性行為をしてしまったという場合には、緊急避妊薬を早めに内服することで、高確率に妊娠を阻止することが可能です。
緊急避妊薬は、緊急時に使う方法です。低用量ピルや子宮内避妊具を用いて計画的な避妊をされることをおすすめします。
ご自身の大切なお体を守るためにも、ひとりで悩まずに早めに婦人科へご相談頂けると幸いです。

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。

クリニック一覧

医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

カテゴリー:よくある婦人科の症状  投稿日:2024-06-10

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

月経移動

生理の時期をずらしたいとき(月経移動について) 「来月旅行に行く予定だけど、生理が来てしまいそうだなあ。」 「部活の試合のときに生理が来たら、困るなあ。」 「大事な試験のときに生理が来たら、お腹が痛くなって試験に集中でき… 続きを読む 月経移動

カテゴリー:よくある婦人科の症状  投稿日:

過多月経・月経困難症

生理のトラブルで困っている方へ(過多月経・月経困難症) 「生理痛がひどくていつも寝込んでしまう、仕事/学校を休んでしまう」 「市販の痛み止めを飲んでも生理痛がよくならない」 「出血の量が多くて、大きなナプキンでももれてし… 続きを読む 過多月経・月経困難症

カテゴリー:よくある婦人科の症状  投稿日:

人気記事

【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

喘息の長期管理薬とは? 喘息は、気道に慢性炎症が起きて狭くなっている状態です。それが引き金となって気道が過敏になり、ちょっとしたきっかけで咳や息苦しさをくり返します。 喘息の治療は、 炎症を抑え、喘息の悪化や発作を予防す… 続きを読む 【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

カテゴリー:喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)  投稿日:

SGLT2阻害薬の効果と副作用

SGLT2阻害薬とは? SGLT2(エスジーエルティー・ツー)阻害薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、膵臓ではなく腎臓に作用することで血糖値を改善する働きがあります。 SGLT2は腎臓に存在する… 続きを読む SGLT2阻害薬の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

ノイロトロピン注射の効果と副作用

ノイロトロピン注射とヒスタグロビン注射 花粉症の注射で調べると、敷居が高いステロイドや効果が出るのに時間がかかる減感作療法が並ぶと思います。即効性がありながらも安全性の高い注射を探されている方にお勧めなのがノイロトロピン… 続きを読む ノイロトロピン注射の効果と副作用

カテゴリー:アレルギーの注射剤  投稿日: