誤嚥性肺炎と口腔ケア

誤嚥性肺炎とは?

食事や水分などを飲み込むことを「嚥下」といいます。

また、誤嚥とは口から食道へ入るべきものが誤って気管に入ってしまうことを指します。

この誤嚥の際に唾液、胃液、食べ物などの他、口腔内の細菌も誤って吸引することで、肺炎を引き起こします。

誤嚥性肺炎を起こす理由

誤嚥性肺炎を起こす理由は、舌やのどの筋肉の運動障害にあります。

その原因には、

  • 舌や喉の腫瘍手術後の運動神経障害
  • 胃の疾患(逆流性食道炎など)

そして最近注目されているのは、

  • サルコペニア
  • フレイル

というものです。

サルコペニアとは、年齢とともに筋力が低下することです。

歩く筋力の低下のため、食事も購入しやすいもの、食べやすいものになります。

特にたんぱく質の摂取が減ることで、さらに筋力が低下するという悪循環に陥ります。

フレイルは筋力低下だけでなく、気持ち的にも落ち込むことで、精神機能や社会性の低下に陥ります。

病気ではありませんが、健康と要介護の間の状態を指します。

誤嚥性肺炎の予防

誤嚥性肺炎を予防するには、いくつかのチェックポイントがあります。

  • 手洗い、マスクの装着

まず、口の中に入れる細菌を減らすことです。帰宅時や食事前には手洗いをしましょう。

また外出時はマスクをつけることで、お口に細菌が入ることを減らします。

  • 栄養をしっかりとる

年齢が高くなると、どうしても食が細くなります。

たとえ少量でも栄養価のバランスのとれた食事を目指しましょう。

炭水化物が手軽で摂りすぎになると思いますが、タンパク質を意識して摂取してください。

たとえば、間食の際に栄養補助食品を摂取する方もおられます。

  • 食事の姿勢

寝たきりの方も、上半身を起こした状態で食事をしましょう。

また食事はゆっくり、皆さんそれぞれのスピードで摂るようにしましょう。

急ぐとむせて誤嚥する危険性が高くなります。

  • 適度な運動で免疫力をアップ

栄養を摂取した後は、筋力維持のために体を動かしましょう。

散歩などは気分転換にもなりますし、屋内で体操でも構いません。

  • 口腔ケア

誤嚥性肺炎を起こすリスクを減らすには、口腔内の細菌を減らしておくことも重要です。

また口腔ケアは経口摂取していない方も、口腔内細菌を除去のために必要です。

口腔ケアの重要性

平成25年に千葉大学医学部附属病院がある報告をしました。

  • 歯科・顎・口腔外科、消化器外科、心臓血管外科の手術症例や放射線治療症例
  • 小児科・血液内科の悪性腫瘍に対する化学療法症例

を対象にした報告です。

歯科医師や歯科衛生士が治療の開始前後に介入して口腔内を綺麗にすると、術後の肺炎や口内炎などのトラブルが激減したというものです。

患者さんの負担を軽減するだけでなく、医療費も抑制することができます。

とても画期的な報告で、それ以降「周術期口腔機能管理」として保険収載され、医科と歯科の連携が重要視されています。

周術期口腔機能管理

周術期口腔機能管理が対象になるのは、がん等の手術、放射線治療、化学療法、緩和ケアを実施する患者です。

ただし、これ以外にも、全身麻酔手術を行う患者に対しては、手術の前後に歯科医師・歯科衛生士が口腔内を清潔に保つことは、とても重要です。

全身麻酔手術では、お口から気管まで麻酔のチューブを挿入しますが、この時に気管に口腔内の細菌を入れ込んでしまうことがあります。

また手術終了時には抜去しますが、麻酔から完全に覚めていない患者さんにおいては、抜去時にむせることがよくあります。この時にも口腔内の細菌を入れ込んでしまうおそれがあります。

口腔ケアで食べかすやプラークなどの量を減らすことも重要ですが、手術直後で経鼻チューブや胃瘻などによりお口から食事をしていない方でも、口腔内は汚れますので、口腔ケアはとても重要です。

全身麻酔、放射線療法、化学療法に限らず、ご自宅でも歯科医師の往診により口腔ケアを受けることができます。

お口の定期的なケアを受けることをオススメします。

参考文献

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。

クリニック一覧

医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

大澤 亮太

執筆者紹介

大澤 亮太

医療法人社団こころみ理事長/株式会社こころみらい代表医師

日本精神神経学会

精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医/コンサータ登録医/日本精神神経学会rTMS実施者講習会修了

カテゴリー:肺炎  投稿日:2023-03-10

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

肺炎球菌はなぜ脅威??肺炎球菌の肺炎の症状・治療とは?

はじめに 平成26年10月1日から、65歳以上を対象とした肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)が定期接種となりました 。一方で小児用の肺炎球菌ワクチン(プレベナー)も、赤ちゃんの頃から積極的にワクチン接種するように推奨さ… 続きを読む 肺炎球菌はなぜ脅威??肺炎球菌の肺炎の症状・治療とは?

カテゴリー:肺炎  投稿日:

【医師が解説】肺炎の症状・診断・治療

肺炎とは? 肺炎とは、細菌などの病原体が肺の実質に感染して炎症を起こす病気です。 肺炎の症状としては、 発熱 咳 痰 息苦しさ 胸痛 などが挙げられます。 ですが、これらの発熱や咳・痰などは風邪でも認められるため、症状だ… 続きを読む 【医師が解説】肺炎の症状・診断・治療

カテゴリー:肺炎  投稿日:

人気記事

【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

喘息の長期管理薬とは? 喘息は、気道に慢性炎症が起きて狭くなっている状態です。それが引き金となって気道が過敏になり、ちょっとしたきっかけで咳や息苦しさをくり返します。 喘息の治療は、 炎症を抑え、喘息の悪化や発作を予防す… 続きを読む 【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

カテゴリー:喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)  投稿日:

SGLT2阻害薬の効果と副作用

SGLT2阻害薬とは? SGLT2(エスジーエルティー・ツー)阻害薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、膵臓ではなく腎臓に作用することで血糖値を改善する働きがあります。 SGLT2は腎臓に存在する… 続きを読む SGLT2阻害薬の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

ノイロトロピン注射の効果と副作用

ノイロトロピン注射とヒスタグロビン注射 花粉症の注射で調べると、敷居が高いステロイドや効果が出るのに時間がかかる減感作療法が並ぶと思います。即効性がありながらも安全性の高い注射を探されている方にお勧めなのがノイロトロピン… 続きを読む ノイロトロピン注射の効果と副作用

カテゴリー:アレルギーの注射剤  投稿日: