GLP-1受容体作動薬の効果と副作用

GLP-1受容体作動薬とは?

GLP-1(ジーエルピーワン)受容体作動薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、インスリン分泌を促し血糖値を下げる働きがあります。

GLP-1は食事をとると小腸から分泌されるホルモンで、GLP-1の他にGIP(ジーアイピー)も確認されています。

GLP-1やGIPのようなホルモンはインクレチンと総称されるため、GLP-1受容体作動薬はインクレチン関連薬とも呼ばれています。

GLP-1受容体作動薬は錠剤と注射剤が発売されています。

【錠剤】

  • セマグルチド(商品名:リベルサス)

【注射剤】

  • 週1回:デュラグルチド(商品名:トルリシティ)
  • 週1回:セマグルチド(商品名:オゼンピック)
  • 週1回:チルゼパチド(商品名:マンジャロ)※発売準備中
  • 週1回:セマグルチド(商品名:ウゴービ)※発売準備中
  • 毎日:リラグルチド(商品名:ビクトーザ)

ここでは、GLP-1受容体作動薬の効果や副作用についてご紹介していきます。

GLP-1受容体作動薬のメカニズム

GLP-1阻害薬のメカニズムを医師が図表で説明します。

 

2型糖尿病の方は膵臓の機能が低下しているため、GLP-1受容体作動薬が膵臓の特定の場所(=GLP-1受容体)に作用すると、インスリン分泌が促されます。

GLP-1受容体作動薬は空腹時には作用せず、食事をして血糖値が高くなったときだけ働きます。

GLP-1受容体作動薬の副作用

GLP-1受容体は膵臓だけではなく脳や胃にも発現しているため、これらの場所のGLP-1受容体にも作用すると食欲抑制や胃運動抑制が現れます。

セマグルチド(商品名:ウゴービ)を例に、GLP-1受容体作動薬の作用を図表でまとめます。

ウゴービの作用メカニズムを医師が解説します。

また、先ほどのメカニズムで紹介した通り、GLP-1受容体作動薬は空腹時には作用せず、食事をとって血糖値が高くなったときだけ働くため、低血糖を起こしにくいといわれています。

ただ、スルホニル尿素薬に分類される糖尿病治療薬と併用するとインスリン分泌が過剰に分泌され、低血糖を起こしやすくなります。

副作用と頻度

GLP-1受容体作動薬の副作用と頻度は、以下のように報告されています。

GLP-1阻害薬の副作用を一覧で比較します。
(参考:各製品インタビューフォーム)

このように、悪心や下痢・便秘をはじめとした胃腸障害が中心になります。

各GLP-1阻害薬の副作用を医師が詳しく解説します。

2型糖尿病の方はこれらの副作用による体重減少効果が期待できるかもしれませんが、あまりにつらい場合は日常生活に支障が出てきます。

そのような場合は、担当の医師に相談してください。

低血糖

GLP-1受容体作動薬だけを使用する場合は低血糖は起こりにくいのですが、アマリール(一般名:グリメピリド)などのスルホニル尿素薬(SU剤)に分類される糖尿病治療薬を併用すると低血糖を起こしやすくなります。

低血糖症状には、空腹感、発汗、ふるえ、動悸、だるさ等があります。

急性膵炎

GLP-1受容体作動薬は膵臓に作用するため急性膵炎に注意が必要です。

急性膵炎の症状には、激しい腹痛、激しい背中の痛み、吐き気、嘔吐等があります。

ダイエットは適応外

GLP-1受容体作動薬は食欲を抑えることから、ダイエット目的に適応外使用されることが増えています。

健康な方へのエビデンスがないとして日本糖尿病学会が警鐘をならしています。

肥満症の治療薬として、BMI27以上で生活習慣病リスクが2つ以上ある場合のみ、セマグルチド(商品名:ウゴービ)の適応が認められました。

GLP-1受容体作動薬の特徴

GLP-1受容体作動薬を含むインクレチン関連薬の特徴は下記の通りです。

  • 低血糖を起こしにくい、食後に血糖値が上がりにくい
  • 体重が増えにくい
  • 膵臓を保護することができる

低血糖を起こしにくい、食後に血糖値が上がりにくい

GLP-1受容体作動薬は空腹時には作用せず、食事をとって血糖値が高くなったときだけ働きます。

このため低血糖を起こしにくく、食後に血糖値が上がりにくいです。

体重が増えにくい

GLP-1受容体作動薬は脳の受容体に作用すると食欲を抑えるため、体重が増えにくいです。

膵臓を保護することができる(非臨床データ)

GLP-1受容体作動薬は膵臓のインスリン分泌を助けるため、膵臓が疲弊するのを防ぐことができます。

また、膵臓の細胞を増やす作用も確認できています。
これらより、膵臓を保護する作用が期待されています。

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。

クリニック一覧

医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

大澤 亮太

執筆者紹介

大澤 亮太

医療法人社団こころみ理事長/株式会社こころみらい代表医師

日本精神神経学会

精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医/コンサータ登録医/日本精神神経学会rTMS実施者講習会修了

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:2023-03-06

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

リベルサス(一般名:セマグルチド)の効果と副作用

1日1回タイプの糖尿病治療薬 リベルサスはオゼンピック注射剤を錠剤化した糖尿病治療薬です。 大きなポイントとして、注射剤ではなく内服薬であることです。 GLP-1受容体作動薬は、食欲抑制効果が期待できるお薬として知られて… 続きを読む リベルサス(一般名:セマグルチド)の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

フォシーガ(一般名:ダパグリフロジン)の効果と副作用

腎臓・心臓に効果の期待できる糖尿病治療薬 フォシーガは世界110ヵ国以上で承認されているお薬で、1型糖尿病、2型糖尿病、慢性腎臓病、慢性心不全に使用できます。 フォシーガは膵臓に作用せず血糖値を改善することができます。 … 続きを読む フォシーガ(一般名:ダパグリフロジン)の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

マンジャロ(一般名:チルゼパチド)の効果と副作用

週1回タイプの糖尿病治療薬 マンジャロはGIP/GLP-1受容体作動薬受容体作動薬に分類されているお薬で、2型糖尿病の方に限定して使用が承認されています。 その画期的な作用機序により、従来のGLP-1受容体作動薬よりも血… 続きを読む マンジャロ(一般名:チルゼパチド)の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

人気記事

【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

喘息の長期管理薬とは? 喘息は、気道に慢性炎症が起きて狭くなっている状態です。それが引き金となって気道が過敏になり、ちょっとしたきっかけで咳や息苦しさをくり返します。 喘息の治療は、 炎症を抑え、喘息の悪化や発作を予防す… 続きを読む 【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

カテゴリー:喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)  投稿日:

SGLT2阻害薬の効果と副作用

SGLT2阻害薬とは? SGLT2(エスジーエルティー・ツー)阻害薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、膵臓ではなく腎臓に作用することで血糖値を改善する働きがあります。 SGLT2は腎臓に存在する… 続きを読む SGLT2阻害薬の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

ノイロトロピン注射の効果と副作用

ノイロトロピン注射とヒスタグロビン注射 花粉症の注射で調べると、敷居が高いステロイドや効果が出るのに時間がかかる減感作療法が並ぶと思います。即効性がありながらも安全性の高い注射を探されている方にお勧めなのがノイロトロピン… 続きを読む ノイロトロピン注射の効果と副作用

カテゴリー:アレルギーの注射剤  投稿日: