スーグラ(一般名:イプラグリフロジン)の効果と副作用

余分な糖を排泄する糖尿病治療薬

スーグラは国内で創製された糖尿病治療薬で、1型糖尿病と2型糖尿病の両方に使用できます。

スーグラは膵臓に作用せず血糖値を改善することができます。

そのメカニズムとして、余分な糖分を尿として体外へ排出することがあげられます。

ただ、楽にやせるとダイエット目的に使われることもあり、問題視されてもいます。

ここでは、スーグラの効果と副作用について、その作用の仕組みから詳しく説明します。

スーグラとは?

スーグラは、アステラス製薬株式会社と寿製薬株式会社との共同研究によって見出され、国内で創製された糖尿病治療薬です。

スーグラはSGLT2(エスジーエルティー・ツー)阻害薬に分類される錠剤で、1型糖尿病・2型糖尿病の両方に使用できます。

また、インスリン治療とも併用できるのが大きな特徴といえます。

スーグラは商品名で、一般名(成分名)はイプラグリフロジンです。

スーグラは先発品で、ジェネリックは販売されていません。

スーグラの適応と効果

スーグラ(一般名:イプラグリフロジン)の適応としては、以下が認められています。

  • 1型糖尿病
    あらかじめ適切なインスリン治療を十分に行った上で、血糖コントロールが不十分な場合に限ること
  • 2型糖尿病
    あらかじめ糖尿病治療の基本である食事療法、運動療法を十分に行ったうえで効果が不十分な場合に限り考慮すること

スーグラの用法

スーグラの用法は、以下のようになっています。

  • 1型糖尿病・2型糖尿病
    50mgを1日1回朝食前または朝食後に服用する(最大100mgまで)

スーグラを飲み忘れた場合は?

スーグラを飲み忘れた場合、その1回分は服用しないでください。

1回とばして、次の指示された時間に1回分飲んでください。

スーグラ開発時の臨床試験

1型糖尿病と2型糖尿病の両方に効果があることを疑問に思われる方もいるかもしれませんが、それについては開発時の臨床試験を簡単にご紹介します。

スーグラの糖尿病に対する効果の臨床研究の結果について、医師が詳しく解説します。

【1型糖尿病に対する臨床試験】

対象:インスリン製剤で血糖コントロールが不十分な1型糖尿病患者169例

方法:スーグラ錠50mgまたは100mg(増量時)を 1日1回52週間投与

結果:HbA1c値は服用開始前で8.68±0.81%、最終評価時までの変化量は-0.33±0.72%であった。(NGSP値:平均値±標準偏差)

【2型糖尿病に対する臨床試験】

対象:食事療法、運動療法のみで血糖コントロールが不十分な2型糖尿病患者182例

方法:スーグラ錠50mgまたは100mg(増量時)を 1日1回52週間投与

結果:HbA1c値は服用開始前で7.93±0.791%、最終評価時までの変化量は-0.51±0.806%であった。(NGSP値:平均値±標準偏差)

スーグラの効果とメカニズム

まず最初に、高血糖時の尿糖排泄について説明します。

スーグラの作用メカニズムについて、医師が詳しく解説します。

 

  1. 血液中の糖が腎臓で濾過されます。
  2. 濾過された糖は主にSGLT2(※)の働きで血液中に再吸収されます。
  3. 再吸収しきれなかった糖が尿として排泄されます。

※SGLT2(エスジーエルティー・ツー):糖を運ぶたんぱく質のひとつ。SGLT1も腎臓に存在しているが、腎臓で糖の再吸収に関わるのは主にSGLT2である。

スーグラを服用するとどうなるでしょうか。

スーグラの作用メカニズムを医師が説明します。

  1. 血液中の糖が腎臓で濾過されます。
  2. スーグラがSGLT2による再吸収を妨げます。
  3. 再吸収しきれない糖が腎臓で増えるため、尿中へ排泄される糖も増えます。

スーグラを服用すると血液中へ戻る糖が減少するため、血糖値が低下します。

また、糖が体外へ排泄されるためエネルギー量が減り、体重減少効果も期待できます。

スーグラの副作用

スーグラの主な副作用として

  • 膀胱炎等の尿路感染
  • 膣カンジダ症等の性器感染
  • 頻尿
  • 口渇
  • 便秘
  • 体重減少

が報告されています。

また、重篤な副作用としては、低血糖、腎盂腎炎、外陰部及び会陰部の壊死性筋膜炎(フルニエ壊疽)、敗血症、脱水、ケトアシドーシス、ショック、アナフィラキシーがあります。

※詳しく知りたい方は、『SGLT2阻害薬の効果と副作用』をお読みください。

スーグラの剤型と薬価

スーグラの剤型と薬価は以下の通りです。

  • 先発品:25mg錠 120.8円・50mg錠 180.6円
  • 後発品:未発売
    ※2023年4月現在

スーグラのまとめ

  • スーグラはSGLT2阻害薬に分類されるお薬で、インスリン治療と併用できます。
  • スーグラを服用すると血液中へ戻る糖が減少するため、血糖値が低下します。
  • スーグラを服用すると糖が体外へ排出されるため、体重減少効果も期待できます。

【お願い】
「こころみ医学の内容」や「病状のご相談」等に関しましては、クリニックへのお電話によるお問合せは承っておりません。

診察をご希望の方は、受診される前のお願いをお読みください。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。

クリニック一覧

医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(医療経験を問わない総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

大澤 亮太

執筆者紹介

大澤 亮太

医療法人社団こころみ理事長/株式会社こころみらい代表医師

日本精神神経学会

精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医/コンサータ登録医/日本精神神経学会rTMS実施者講習会修了

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:2023-06-02

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

ジャディアンス(一般名:エンパグリフロジン)の効果と副作用

慢性心不全にも使える糖尿病治療薬 ジャディアンスは2型糖尿病と慢性心不全に使用できるお薬です。 ジャディアンスは膵臓ではなく腎臓に作用することで効果を発揮し、血糖値を改善することができます。 ジャディアンスは誰でも飲むこ… 続きを読む ジャディアンス(一般名:エンパグリフロジン)の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

GLP-1受容体作動薬の効果と副作用

GLP-1受容体作動薬とは? GLP-1(ジーエルピーワン)受容体作動薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、インスリン分泌を促し血糖値を下げる働きがあります。 GLP-1は食事をとると小腸から分泌… 続きを読む GLP-1受容体作動薬の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

グルファスト(一般名:ミチグリニド)の効果と副作用

速効型インスリン分泌促進薬に分類される糖尿病治療薬 グルファストは2型糖尿病の方に使用できるお薬です。 グルファストは膵臓からのインスリン分泌を促すタイプの血糖降下薬で、効果が出るのが早く作用時間が短いのが特徴です。 そ… 続きを読む グルファスト(一般名:ミチグリニド)の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

人気記事

【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

喘息の長期管理薬とは? 喘息は、気道に慢性炎症が起きて狭くなっている状態です。それが引き金となって気道が過敏になり、ちょっとしたきっかけで咳や息苦しさをくり返します。 喘息の治療は、 炎症を抑え、喘息の悪化や発作を予防す… 続きを読む 【医師が解説】喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)の効果と副作用

カテゴリー:喘息の長期管理薬(吸入ステロイド)  投稿日:

SGLT2阻害薬の効果と副作用

SGLT2阻害薬とは? SGLT2(エスジーエルティー・ツー)阻害薬は糖尿病の治療ガイドラインで定められている治療薬のひとつで、膵臓ではなく腎臓に作用することで血糖値を改善する働きがあります。 SGLT2は腎臓に存在する… 続きを読む SGLT2阻害薬の効果と副作用

カテゴリー:糖尿病治療薬  投稿日:

ノイロトロピン注射の効果と副作用

ノイロトロピン注射とヒスタグロビン注射 花粉症の注射で調べると、敷居が高いステロイドや効果が出るのに時間がかかる減感作療法が並ぶと思います。即効性がありながらも安全性の高い注射を探されている方にお勧めなのがノイロトロピン… 続きを読む ノイロトロピン注射の効果と副作用

カテゴリー:アレルギーの注射剤  投稿日: