糖尿病治療薬こころみ医学

ザファテック(一般名:トレラグリプチン)の効果と副作用

世界初、週1回タイプの血糖降下薬

ザファテックは2型糖尿病の方に対して使用できる世界初の週1回タイプの血糖降下薬です。

食事をして血糖値が高くなる時だけ、膵臓からのインスリン分泌を促します。

このタイプのお薬は低血糖や体重増加のリスクが低いため、安全性が高いと考えられています。

ここでは、ザファテックの効果と副作用について、その作用の仕組みから詳しく説明します。

ザファテックとは?

ザファテックはDPP-4(ディーピーピー・フォー)阻害薬に分類される錠剤で、2型糖尿病に使用できます。

ザファテックは週に1回服用するタイプの錠剤なので、他の糖尿病治療薬から変更することでQOLの向上に役立つことが期待できます。

ただし、個人輸入品を通販で購入した場合は、重大な副作用が発生しても救済制度の対象外となってしまいます。

ザファテックは商品名で、一般名(成分名)はトレラグリプチンです。

ザファテックは先発品で、ジェネリック医薬品は販売されていません。

ザファテックの適応と効果

ザファテック(一般名:トレラグリプチン)の適応としては、以下が認められています。

  • 2型糖尿病
    あらかじめ糖尿病治療の基本である食事療法、運動療法を十分に行ったうえで効果が不十分な場合に限り考慮すること

ザファテックの効果とメカニズム

ザファテック

まずはインクレチンの働きについて説明します。

インクレチンは食事をすると小腸から分泌される物質で、膵臓のインスリン分泌を促し血糖値を下げる働きがあります。

インクレチンは空腹時には効果を発揮せず、食事によって血糖値が上昇した時にのみ働くという非常に特異的な作用を持っています。

ただ、インクレチンはDPP-4(ディーピーピー・フォー)という物質によって短時間で分解されてしまうため、実際に作用するのは産生されたインクレチンの一部にすぎないのが現状です。

インクレチンの種類として、GIPやGLP-1が確認されています。

 

つまり、ザファテックのメカニズムは次のように説明できます。

  1. DPP-4を阻害しインクレチン(GLP-1等)が分解されるのを防ぐ
  2. 膵臓に作用するインクレチンの量が増えるため、インスリン分泌が促される
  3. 血糖値が下がる

また、2型糖尿病患者さんにザファテックを週1回3ヵ月間投与した場合、最終投与7日後にも80%近いDPP4阻害効果を示しています。

週1回の服用でも、インスリン分泌を持続的に促していることが読み取れます。

ザファテックの用法

ザファテックの用法は、以下のようになっています。

  • 100mgを週に1回服用する

ザファテックを飲み忘れた場合は?

ザファテックを飲み忘れた場合は、気がついた時に1回分を服用してください。

決して2回分を一度に服用しないでください。

ザファテックの副作用

ザファテックの主な副作用として

  • 鼻咽頭炎
  • 湿疹
  • 便秘

が報告されています。

重篤な副作用としては、低血糖、急性膵炎、腸閉塞、類天疱瘡があります。

ザファテックの剤型と薬価

ザファテックの剤型と薬価は以下の通りです。

  • 先発品:ザファテック25mg錠 244.9円・50mg錠 464.1円・100mg錠 874円
  • 後発品:未発売
    (令和5年12月現在)

 

ザファテックのまとめ

  • ザファテックは世界初の週1回服用型の血糖降下薬で、2型糖尿病にのみ使用できます。
  • ザファテックは週1回の服用で高いDPP-4阻害効果を示しインスリン分泌を促すため、糖尿病患者さんのQOL向上が期待できます。

執筆・監修

※2022年4月、田町三田院オープン!
磁気刺激による新たな心の治療、東京横浜TMSクリニック併設!
こちらの記事は、下記の精神科医が執筆・監修しております。

btm_prof_img

大澤亮太

  • 役職:医療法人社団こころみ理事長/(株)こころみらい代表産業医
  • 資格:精神保健指定医/日本医師会認定産業医/日本医師会認定健康スポーツ医/認知症サポート医
  • 学会:日本精神神経学会

詳しいプロフィールはこちら »

こころみ医学 - 内科の症状 - ザファテック(一般名:トレラグリプチン)の効果と副作用